84円切手コンビニでの買い方。切手シールとは?種類・重さ、a4は何枚必要なのか

84円切手のコンビニでの買い方は、店舗によって「現金払いのみ」や「電子マネー可」のところがあります。

 

「切手シール」とは、裏面がシールになっている切手のこと。

 

84円切手は「普通切手」、「慶事用切手」、「特殊切手」の3種類あり、1枚で「重さ25g以内の定形郵便物」を発送できます。

 

A4用紙を84円切手で送る場合、枚数は「4枚まで」が現実的です。

 

この記事では、84円切手の「コンビニでの買い方」、「種類」や「規定の重さ」、「切手シール」、「A4用紙を何枚送れるか」について、解説しました。

 

コンビニでの買い方

コンビニでの買い方

84円切手をコンビニで購入する際は、レジで店員さんに「84円切手を下さい」と言えば、出してきてもらえます。

 

切手は1枚~数10枚単位で買えますよ。

 

買い方は「現金払いのみ」の店舗と、「電子マネー」が使える店舗があるため、気を付けましょう。

 

現金払いのみの店舗

84円切手を取り扱っているコンビニのうち、支払い方法が「現金払いのみ」の店舗はこちら。

 

  • ローソン
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • セイコーマート

 

最近は電子マネーやクレジットカードの利用者が多く、現金を持ち歩かない人もいるかと思います。

 

上記の店舗で切手を買う場合は、必ず現金を持って行きましょう。

 

電子マネーが使える店舗

一方、電子マネーで84円切手を買えるコンビニは、こちら。

 

  • セブンイレブン  ー  nanacoカード
  • ファミリーマート ー  famipay , クレジット機能付きのファミマTカード
  • ミニストップ   ー  WAONカード

 

上記の店舗の場合、電子マネーがあれば現金を持たず身軽に切手を買いに行けますね。

 


84円切手をはじめとした切手は、コンビニで簡単に手に入るのです。

 

切手がすぐに必要でも、近くに郵便局がなかったり、夜間や土日祝日で郵便局が閉まっていたりする場合もあります。

 

そのような時にコンビニがあれば、いつでも切手を買えるので、心強いですね。

 

84円切手の種類

84円切手の種類

84円切手には、次の種類があります。

 

  • 普通切手
  • 慶事用切手
  • 特殊切手

 

一般的に使用する機会が多いのは、「普通切手」ですね。

 

「普通切手」は、郵便局はもちろんコンビニでも手に入ります。

 

「慶事用切手」と「特殊切手」については、下記で解説しましょう。

 

慶事用切手

「慶事用切手」とは、結婚や出産、七五三や成人式などの「お祝い事」に関する手紙に使われる切手のこと。

 

例えば、結婚式の招待状で使われることが多いです。

 

「慶事用切手」はコンビニで売っている場合もありますが、全ての店舗で取り扱っているわけではありません。

 

そのため、「郵便局」または「郵便局のネットショップ」で買うほうが確実でしょう。

 

特殊切手

「特殊切手」とは、国宝や世界遺産、美術作品、鉄道開業などをテーマに発行される切手です。

 

毎年発行されたり、1つのテーマがシリーズ化されたりしています。

 

絵柄がレアで素敵なものが多いことから、コレクションして楽しむ人も多いようです。

 

 

 

「特殊切手」は、「郵便局」または「郵便局のネットショップ」で手に入ります。

 

同じ84円切手でも、用途が決まっていたり、様々なテーマの絵柄があったりするのですね。

 

引用元:切手発行一覧 | 日本郵便株式会社 (japanpost.jp)

 

重さは何キロまでOK?

重さは何キロまでOK?

84円切手は、1枚で「重さ25g以内の定形郵便物」を送付できます。

 

「定形郵便物」とは、「縦14~23.5cm×横9~14cm、厚さ1cm・重さ50g以内」の郵便物のこと。

 

84円切手1枚で送付できる代表的な例は、「手紙」ですね。

 

 

「定形郵便物」の送付・投函を受け付けているところは、次の4つ。

 

  • 郵便ポスト
  • 郵便局の窓口
  • ローソン
  • ミニストップ

 

「ローソン」と「ミニストップ」の店内には郵便ポストが設置されていて、そこから郵便物を投函できます。

 

 

切手も取り扱っているため、郵便物を持参して84円切手を1枚買い、その場で貼り付け投函する、ということもできるでしょう。

 

近くに郵便ポストがなくても、「ローソン」や「ミニストップ」があれば安心ですね。

 

切手シールとは

切手シールとは

「切手シール」とは、裏面がシールになっていて、そのまま貼り付けられる切手のこと。

 

貼るときに糊付けをする必要がないため、便利ですよ。

 

 

国宝や世界遺産、美術作品、鉄道開業などをテーマにした「特殊切手」も、このタイプ。

 

他にも、生き物やキャラクター、花、食べ物など、様々な絵柄があります。

 

引用元:特殊切手(シール式)の通販|郵便局のネットショップ (japanpost.jp)

 

 

 

「切手シール」の買い方は、「普通切手」とは異なります。

 

「普通切手」は「1枚単位」で買えますが、「切手シール」は「1シート単位」です。

 

「切手シール」は1シート10枚のため、84円の場合の値段は、1シート840円。

 

つまり、「切手シール」は、1~9枚単位では買えないということ。

 

 

また、「普通切手」はコンビニで買えるのに対して、「切手シール」はコンビニでは買えません。

 

「切手シール」の取り扱いは、「郵便局」または「郵便局のネットショップ」になります。

 

同じ84円切手でも絵柄の種類が豊富だと、買うときに迷ってしまいそうですね。

 

A4は何枚必要なのか

A4は何枚必要なのか

84円切手で送れるA4用紙の枚数は、「4枚まで」が現実的でしょう。

 

A4用紙1枚の重さは「4g」であるため、4枚であれば「16g」です。

 

 

84円切手が使える定形郵便物の重さは、封筒を含めて「25g以内」。

 

定形郵便物によく使われる封筒は、「縦23.5cm×横12cm」の「長形3号」で、A4用紙を三つ折りで入れられます。

 

「長形3号」の封筒の重さは、「5g」です。

 

つまり、A4用紙4枚の「16g」と合わせると、重さは「21g」になるということ。

 

84円切手で送れる「25g以内」の条件を、クリアしていますね。

 

 

ちなみに、A4用紙が「5枚」の場合も、20g+5gで全体の重さは「25g」ですが、何かの拍子に1gオーバーする可能性もあるでしょう。

 

そのため、A4用紙5枚を84円切手で送るのは、現実的ではないと考えられます。

 

 

後で不安にならないためにも、枚数は「4枚まで」にしたほうが、安心ですね。

 

タイトルとURLをコピーしました