バナナが柔らかいけど黒くないのは大丈夫?皮が柔らかいとだめ?48

バナナが柔らかいけど黒くないのは「大丈夫」なことが多いです。

バナナの皮が柔らかいのは、「中身がドロドロしていない・異臭がしなければ食べられる」らしい。

とはいえ、バナナって少しでも柔らかいと「え?腐ってる・・・?」と不安になりますよね。

見た目では判断できなくて捨てることも多いはず。

今回は、「バナナが柔らかいけど黒くないのは大丈夫?」「皮が柔らかいとだめ?」についてお話ししましょう。

バナナが柔らかいけど黒くないのは大丈夫?

中身が黒い・茶色いのは食べられる?

柔らかいけど黒くないバナナは「大丈夫」だと思います。

甘みが抜けて美味しくなかったり、食感が良くないと思うので、

ヨーグルトと混ぜて食べるとか潰してパンケーキの生地と混ぜると美味しく食べられますよ。

ただ、「ヘタに白いカビが生えていたらやめましょう」。

なるべく早く召し上がってくださいね。

バナナの皮が柔らかいのはだめ?

中心だけ黒いバナナ

バナナの皮が柔らかいのは「中身がドロドロしていない・異臭がしなければ食べられる」と思います。

皮を剥いて、中身を確認しましょう。

ぶよぶよして剥けないくらい皮が柔らかいこともあるようですが。笑

ドロドロでなければ、異臭がしないか確認をし、食べられるか判断してください。

柔らかいバナナは実が腐っている可能性が高いので、次の点をチェックして判断します。

  • 実が黒か茶色に変色している
  • 実がドロドロになっている
  • 水分が出てきている
  • 酸味がある
  • 異臭がある
  • 皮に白いカビがある
  • 持つとぐにゃりとなる

皮が柔らかいときは、中身がドロドロしていない・異臭がしないなら食べられると思います。

皮がネバネバしてる!

柔らかいのは?

皮がネバネバしているバナナは「バナナの樹液なので食べても大丈夫」だそうです!

そのネバネバは「黒いタール状」ではないですか?

実はそのネバネバ、バナナの房をカットした時に出る樹液なんです。

食べても問題ないので、食べられますよ。

食べない方がいい状態

モキリオ病の見分け方

果肉が黒い」「異臭がする」「ドロドロ・ベチャベチャな果肉」「皮や中身にカビがある」「中が空洞になっている」のは食べない方がいい状態。

雑菌が入り込んでいる可能性が高いです。

見た目と匂いで判断できると思うので、該当すれば食べない方が良いでしょう。

バナナの病気でよく言われているのはモキリオ病ですね。

モキリオ病にかかったバナナは通常は成長が止まってしまうため、外見で判断することが可能。

しかし、稀にそのまま正常に成長してしまうものもあります。

外見は通常のバナナと変わらないため、検品を通過してしまうこともあるんです。

このように、モキリオ病にかかったバナナが市場に出回り、私たちの手元に渡る可能性もゼロではありません。

買ったバナナがモキリオ病にかかっている可能性があるのかは、外見ではわからなくても、皮をむけば判断することができます。

そのためにも、バナナの皮をむいたら一度実の様子をチェックしてみるのも良いかもしれませんね。

果肉が黒い」「異臭がする」「ドロドロ・ベチャベチャな果肉」「皮や中身にカビがある」「中が空洞になっている」のは避けておきましょう。

まとめ

黒いバナナのレシピ

最後にまとめです。

  • 柔らかいけど黒くないバナナは「大丈夫」なことが多い
  • バナナの皮が柔らかいのは「中身がドロドロしていない・異臭がしなければ食べられる
  • 皮がネバネバしているバナナは「バナナの樹液なので食べても大丈夫
  • 果肉が黒い」「異臭がする」「ドロドロ・ベチャベチャな果肉」「皮や中身にカビがある」「中が空洞になっている」のは食べない方がいい状態

いかがでしょう。

皆様のバナナは食べられる判定でしたか?

私はほぼ毎日バナナを食べていますが、腐ったり食べられるか判断することが面倒なので、ラップをして野菜室にぶっ込んじゃってます。笑

ちょっとでも不安が解けていたら嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!