コンビニ24時間営業が廃止?いつから?理由や割合、メリットデメリット157

コンビニ24時間営業は、「廃止の方向で経営の改革が進んでいる」ようです。

廃止が始まった時期は「2019年頃から」。

廃止された理由は「人手不足な上に長時間労働」だからだと思います。

24時間営業が廃止されている割合は「2014年データで全体の14%」でした。

廃止のメリットは、「従業員の負担が軽くなる」・「コストの削減」・「周辺地域の迷惑行為が減る」など。

デメリットは「深夜帯の集客+売上の悪化」・「雇用の減少」・「避難場所の減少」。

今回はコンビニ24時間営業が廃止?いつから?理由や割合、メリットデメリットに関して詳しく説明していきます。

コンビニ24時間営業が廃止?

コンビニ24時間営業が廃止?

コンビニ24時間営業は「廃止の方向で経営の改革が進んでいる。」

コンビニと言えば24時間営業でいつでも利用できるイメージが強いですが、世の中の情勢、市場の変化により形態が変化しているようです。

いつから?

廃止が始まった時期は「2019年頃から」のようです。

2019年の「日テレNEWS24」にて各コンビニ社長が24時間営業を見直す考えを政府の会議で公表したと報道がありました。

実際にセブンイレブンは2019年11月時点で8店舗、ローソン118店舗程24時間営業を廃止しているようです。

コンビニ24時間営業は「廃止の方向で経営の改革が進んでいる。」と覚えておきましょう。

廃止された理由

廃止された理由

廃止された理由は「人手不足による長時間労働」でしょう。

世の中の動きとして働き方改革が長時間労働の取り締まりを強化しています。

ただ、コンビニ業界の働き方改革のきっかけとなったのは24時間営業ファミレスの激減がきっかけと言われています。

SNS、インターネットの普及はコミュニケーションの場としてのファミレスの地位を脅かし、深夜帯の利用者が激減していました。

また、飲酒運転の取り締まり強化で深夜帯の外出量も減りファミレスは24時間営業の廃止を余儀なくされています。

この流れがきっかけに一部のコンビニオーナーが時短営業を行うなどの事例になったようですね。

廃止された理由は「人手不足による長時間労働」と覚えておきましょう。

割合はどれくらい?

割合はどれくらい?

24時間営業が廃止されている割合は「2014年データで全体の14%」です。

こちらは経済産業省のデータを引用しております。

総店舗数約35,000店舗数の内14%程なので約4,900店舗は24時間営業ではないようですね。

ただ、毎年統計を取っているわけでは無く2014年データが最新となっておりました。

2019年頃より24時間営業の廃止が活発となっているので最新の統計では割合が増えているでしょう。

今後いつ統計を取るか、最新データが出るかなども確認しましたが現状出てくる予定が無いようです。

24時間営業が廃止されている割合は「2014年データで全体の14%」と覚えておきましょう。

廃止のメリット・デメリット

廃止のメリット・デメリット

廃止のメリットは「従業員の負担が軽くなる。」・「コスト削減」・「周辺地域に迷惑が掛からない。」など

デメリットは「深夜帯の集客、売上の悪化。」・「雇用の減少。」・「避難場所がなくなる。」などです。

それぞれ詳細を見ていきましょう。

メリット

「従業員の負担が軽くなる」は人手不足のコンビニではオーナー、従業員が昼から朝まで働かなければならない状況があります。

深夜営業を無くせば長時間労働の負担が無くなりますね。

「コスト削減」は深夜帯はアルバイトなどの人数、人件費がかかっておりますがこちらが不要になります。

「周辺地域に迷惑が掛からない」は深夜のコンビニでは行く当てが無く駐車場で騒いでいる方も見受けられます。

深夜営業を辞め、光を消せば騒がしくなる方もいなくなりますね。

デメリット

「深夜帯の集客、売上の悪化」は昼間よりも深夜の方が集客が多い地域もあります。

そのような場所は売上の悪化や、昼間で集客するような仕組みを作る対策が必要になるでしょう。

「雇用の減少」は夜しか働けない方の雇用先が無くなることです。

都心ならば深夜に働ける場所が多いかもしれませんが、地方では働ける場所に限りもありますのでこちらはデメリットになるでしょう。

「避難場所がなくなる」は夜中女性が1人で歩いている場合、不審者に遭遇する可能性もあります。

深夜明かりがついているコンビニ避難ができれば安心ですができない場合事件に巻き込まれる可能性もありますね。

24時間営業しているコンビニはこちら

24時間営業しているコンビニはこちら

24時間営業しているコンビニは「セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどだが地域によって違う。」ようです。

コンビニは出店している地域によって客層が全く変わります。

その為、一概に会社ごとに一斉に24時間営業を廃止することは難しそうですね。

大手3社のセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートも基本はまだ24時間営業の店が多いようですが私が住んでいる地域でも深夜営業を辞めたファミリーマートもあります。

実際に24時間営業しているコンビニは目視、、ネットで確認が必要になりますね。

24時間営業しているコンビニは「セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどだが地域によって違う。」と覚えておきましょう。