アロマオイルの使い方。玄関・部屋・マスク・お風呂、簡単に匂わせる方法も

アロマオイルの使い方。玄関・部屋・マスク・お風呂、簡単に匂わせる方法も暮らし

アロマオイルは、場所によって様々な使い方ができます。

 

 

玄関やマスクに使う場合は、「アロマスプレー」がおすすめ。

 

 

「アロマスプレー」は手作りもできて、一吹きするだけという手軽さもあります。

 

好きな香りのものをいくつか作っておくと、その日の気分でいろいろな香りを楽しめるのです。

 

 

また、アロマオイルの原液は濃度が濃く、肌に直接触れると、炎症などの原因になることも。

 

「アロマスプレー」は、アロマオイルの原液を他の成分と混ぜ、濃度を低くしてあります。

 

そのため、肌への刺激は緩和され、マスクにも問題なく使用することができるのです。

 

お部屋でのおすすめは、「リードディフューザー」。

 

 

置いておくだけで香りが広がり、火も使わないため、安全に取り扱うことができます。

 

お風呂では、「バスオイル」や「アロマシャワー」を使う方法がおすすめ。

 

 

 

単体ではお湯に溶けないアロマオイルも、「バスオイル」と混ぜればお湯に溶かすことができます。

 

「原液を他の成分と混ぜる」ことで、刺激も少なく、肌にやさしいですよ。

 

一方、「アロマシャワー」では、アロマオイルを「原液のまま」使うため、肌に直接触れないように気を付けましょう。

 

 

アロマオイルを簡単に匂わせる方法は、「マグカップを使った芳香浴」。

 

いつでも手軽に行うことができますが、アロマオイルの成分が「呼吸器や目の粘膜に直接触れないよう」、注意する必要があります。

 

 

今回の記事では、場所や用途に合わせたアロマオイルの使い方や、アロマオイルの香りの効果、使用上の注意点などをご紹介しましょう。

 

玄関での使い方

玄関での使い方

アロマオイルの玄関での使い方の1つに、「アロマスプレー」があります。

 

アロマスプレーは、一吹きするだけで香りが広がるため、とても手軽です。

 

市販のものもありますが、手作りすることもできますよ。

 

アロマスプレーの作り方は、次のとおり。

 

材料(25mlの場合)

 

  • 無水エタノール           5ml
  • 精製水                20ml
  • アロマオイル(精油)    5滴
  • スプレー容器      25ml

 

作り方

 

  1. スプレー容器に無水エタノール5mlを入れる
  2. アロマオイルを5滴加え、キャップをして軽く振って混ぜる
  3. 精製水25mlを入れ、キャプをしてよく振って混ぜる

 

引用元:手順3つ!簡単アロマスプレーの作り方|アロマオイル使い方 | Aroma in Tokyo

 

材料が揃っていれば、簡単に作ることができます。

 

好みのアロマオイルが何種類かあれば、種類ごとにスプレーを作るのもいいでしょう。

 

その時の気分で、「いろいろな香りを楽しむ」ことができますよ。

 

また、玄関にアロマスプレーを吹きかけることで、「消臭の効果」も期待できるのです。

 

 

玄関に広がる華やかな香りは、来客にも楽しんでもらえるかもしれませんね。

 

部屋での使い方

部屋での使い方

部屋でのアロマオイルの使い方の1つとして、「リードディフューザー」が挙げられます。

 

見た目もかわいらしく、「セットして置いておくだけ」と、大変便利です。

 

また、火を使うこともなく、安全に取り扱うことができます。

 

リードディフューザーの作り方は、こちら。

 

材料

 

  • 小瓶
  • 無水エタノール
  • アロマオイル(精油)
  • リードまたは竹串

 

作り方

 

  1. 無水エタノールとアロマオイル(1滴 0.05ml)を、小瓶に9:1の割合で混ぜる (例  無水エタノール30ml:アロマオイル60滴)
  2. 小瓶にリードまたは竹串を、3~6本挿す (本数が多いほど、香りは強くなる)

 

引用元:お部屋でアロマオイルを使う方法/道具やアロマの選び方と使い方 (mitsuraku.jp)

 

香りの持続期間は、1週間程が目安です。

 

香りが弱くなったら、リード・竹串を逆さまにして挿し直します。

 

逆さまにしても香らない場合は、新しいものと取り換えましょう。

 

 

リードディフューザーを1個置いておけば、6畳ほどの部屋まで香りが行き渡りますよ。

 

それ以上に広い部屋で使う場合は、置く個数を増やすといいですね。

 

マスクでの使い方

マスクでの使い方

アロマオイルをマスクに使う際は、「アロマスプレー」を使用しましょう。

 

理由は、アロマオイルは原液のままだと濃度が濃すぎるからです。

 

アロマオイルの原液をマスクにつけた場合、その原液が肌に直接つくことになります。

 

すると、肌がかゆくなるなどの刺激を感じ、炎症を引き起こす可能性もあるのです。

 

また、アロマオイルを直接吸い続けることで、頭がふらっとするなどの体調不良の原因にもなります。

 

そのため、原液を「無水エタノール」や「精製水」とよく混ぜた「アロマスプレー」を使いましょう。

 

アロマスプレーをマスクに使う際は、よく振ってから1回吹きかけます。

 

マスクが不織布の場合、スプレーの水気を弾いてしまうため、手で馴染ませるのがポイントです。

 

お風呂での使い方

お風呂での使い方

お風呂には、「バスオイル」や「アロマシャワー」を使う方法があります。

 

お風呂で使うことのできるアロマオイルは、100%天然の「精油」のみ。

 

その他のアロマオイルは「合成香料」であるため、お風呂で使用することはできないのです。

 

使用する際は、ラベルに「精油」または「エッセンシャルオイル」と表記されたアロマオイルを選びましょう。

 

また、前章でもお話ししたように、アロマオイルの原液が肌につくと、かゆみなどのトラブルの原因になります。

 

つまり、「浴槽にアロマオイルを直接入れるのは、肌に良くない」ということです。

 

ここでは、肌にやさしい「バスオイル」の使い方や、簡単な「アロマシャワー」について、ご紹介しましょう。

 

バスオイル

アロマオイルを浴槽に入れる際は、「バスオイル(乳化剤)」を使用するといいでしょう。

 

「バスオイル」には、水と油のような、「混ざらないもの同士を混合させる」働きがあります。

 

そのため、アロマオイルをお湯に溶かすこともできるのです。

 

使い方は、こちら。

 

必要なもの(湯量150~200リットルに対して)

 

  • 無香料のバスオイル(乳化剤)               5ml
  • アロマオイル(精油)                         1~10滴
  • ビーカー(計量できる容器)

 

手順

 

  1. ビーカーに、バスオイル5mlを入れる
  2.  1.に、アロマオイルを加える
  3.  2.を、浴槽のお湯に混ぜる

 

引用元:アロマバスオイルの作り方(乳化剤を使用する) | アロマ生活 (aroma-mary.com)

 

アロマオイルとバスオイルを混ぜて使うことで、肌への刺激が緩和されるのです。

 

アロマオイルの量は、初めての方や肌が弱い方の場合、1~6滴以内にすることをおすすめします。

 

アロマシャワー

お風呂をシャワーで済ませる場合は、「アロマシャワー」がおすすめ。

 

「アロマシャワー」は、浴室の床にアロマオイルを1~3滴垂らして、シャワーを浴びるだけ。

 

忙しい朝でも手軽にできますし、宿泊先などで浴槽に浸かれないときにも、おすすめの方法です。

 

ただし、アロマオイルは「原液のまま」使用するため、肌に直接触れないように気を付けましょう。

 

簡単に匂わせる方法は?

簡単に匂わせる方法は?

アロマオイルを簡単に匂わせるには、「マグカップ」を使うといいでしょう。

 

熱湯を入れたマグカップに、アロマオイルを1~3滴垂らすだけで、簡単に香りが広がりますよ。

 

これは「芳香浴」といって、呼吸器からアロマの香りを取り入れる方法です。

 

このように、忙しい朝や疲れている夜でも、簡単にアロマを匂わせることができるのです。

 

芳香浴

この「芳香浴」は、使用するアロマオイルの香りによって、主に次のような効果が期待できます。

 

効果 (一例)

 

  • ユーカリ       → 風邪の予防
  • ラベンダー    → 気持ちを落ち着かせる
  • ラヴィンサラ → 鼻づまりの緩和
  • レモン           → 眠気覚まし、消臭

 

自分の用途に合ったアロマオイルを探して、試してみるといいでしょう。

 

 

 

 

 

季節の変わり目や、大事な試験や仕事を控えているときに行うと、心身ともにリラックスできそうですね。

 

注意点

手軽な芳香浴ですが、行う際は次の点に注意しましょう。

 

  • マグカップのお湯を誤って飲まない
  • 目を閉じて香りを吸い込む
  • ひどい咳や、喘息の場合は行わない

 

小さな子供がいる場合は、マグカップに入れたお湯の誤飲が起こるリスクも高くなります。

 

子供から目を離さないことはもちろん、マグカップを子供の手の届かないところに置くなど、注意が必要です。

 

 

また、アロマオイルの成分は、呼吸器や目の粘膜を刺激することがあります。

 

咳が出ていたり、喘息のある方が、アロマオイルの香りを直接吸い込むと、発作を起こす可能性があるのです。

 

そのため、「目を閉じて行う」、「咳が出る・喘息の場合は行わない」ということを、必ず守りましょう。

 

 

場所や用途によって、様々な使い方ができるアロマオイル。

 

肌や粘膜に直接触れることのないように気を付けながら、いつでもどこでも、好きな香りを楽しめたらいいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました