jtbのeチケットの使い方は?座席指定はできる?エラー・発行できない時の対処法も

jtbのeチケットの使い方は、「たびページからeチケット控えを印刷」→「従来通りチェックイン手続きして搭乗券を得る」だけです。

座席指定が可能な予約であれば、事前に座席指定もできますよ。

もしエラー表示が出た場合は、「ブラウザの複数タブを閉じる」「ブラウザのキャッシュを削除」「webページの推奨環境の確認」をしてみて下さい。

発行できない場合の対処法としては、「eチケット控え」に記載されている「予約番号」を控えておくことが大切です。

このように、こちらの記事ではjtbのeチケットについて説明しています。

使い方

使い方
  • 「たびページ」の予約明細書画面からeチケットの控えがあるかを確認
  • 搭乗手続きまでにeチケットを印刷
  • チェックイン手続きをして搭乗券を得る

jtbのeチケットの使い方は、「eチケットの控えを印刷」→「チェックイン手続きをし、搭乗券を得る」だけです。

eチケットとは、紛失や盗難といったトラブルを避けるために導入された電子航空券のことで、ややこしいですが、搭乗券とは別物です。

eチケットは、航空会社のシステムに搭乗者情報が記録されており、従来のように紙製の航空券を提示することなく搭乗券を受け取ることができるのです。

ここで大事なのが、eチケットの控えは必ず印刷して携行すること。

海外での入国手続きの際に、旅行の日程などの確認のためeチケットの控えを提示するよう求められることがあります。

このeチケットの控えは「たびページ」の予約詳細画面から印刷できるので、搭乗日までに準備しておきましょう。

座席指定はできる?

座席指定はできる?

予約後に座席指定が可能な航空券に限り、座席指定はできます。

予約したクラスやマイレージ会員ステータスによっては、事前に座席指定ができなかったり有料座席となったりする場合があります。

あらかじめ、利用する航空会社へ確認するようにしてください。

チェックイン前の座席指定の可否や空席状況については、支払い手続き完了後であれば、jtbお客様窓口へ問い合わせると確認できますよ。

また、航空会社によってはjtbなどの旅行会社で購入した航空券でも、航空会社のwebサイトから座席指定が可能な場合もあります。

ただし、事前に指定できる座席には限りがあり、リクエストできる期間も航空会社によって異なるのでご注意ください。

事前に座席指定のリクエストができなかった場合、チェックイン時に再度リクエストしてみてください。

希望の座席が取れる可能性があります。

やり方はこちら

webから予約をした場合の座席指定のやり方は、次の通りです。

店舗で予約した場合は、その店舗にお問い合わせください。

  • 「たびページ」の【予約詳細・確認】
  • 【航空便】の欄より座席指定をしたい便を選択し、指定できる座席を確認して選択
    複数名での予約の場合、搭乗者ごとに指定する

jtbでは座席指定は行われないため、自分で座席指定をしなければなりません。

その際、予約によって座席指定ができる期間が異なります。

予約後から事前座席指定が可能なものは、予約完了後「たびページ」より座席指定ができます。

出発○日前から事前座席指定が可能なものは、eチケット発券後に、「たびページ」より座席指定ができます。


もし、「予約後座席指定可」「発券後座席指定可」「事前座席指定可」の表示がない場合、jtbのシステム上、座席指定はできません。

航空会社のwebサイトで座席指定可能か確認するか、当日に航空会社のカウンターにて座席指定を行う必要があります。

尚、当日のカウンターでの手続きは、先着順に座席を指定することになりますので、ご注意ください。

エラーが出た時の対処法

エラーが出た時の対処法
  • ブラウザで複数のタブを開いている場合、他のタブを閉じる
  • ブラウザのキャッシュを削除
  • jtbのwebページの推奨環境を確認

それでも問題が解決しなければ、次の方法でjtbへ問い合わせて下さい。

<予約済みの場合>

「たびページ」内【コンタクトボード】もしくは、申し込み店舗へ。

<予約前の場合>

  • 店頭で申し込み希望の場合→申し込み希望の店舗へ
  • 電話で申し込み希望の場合→jtb旅の予約センター
  • webで申し込み希望の場合→HTA販売センターへ
    電話番号:03-5796-6123
    営業時間:平日10〜18時(土日祝及び12/30〜1/3休み)

発行できない時は?

発行できない時は?

eチケットの控えが発行できない時は、スマホなどに「最終旅程表」「eチケットお客様控え」を保存しておいて下さい。

特に「eチケットお客様控え」に記載されている「航空券確認番号(予約番号)」が重要なので、必ず控えておいて下さい。

「航空券確認番号(予約番号)」が分かれば、自動チェックイン機で必要事項を入力することで搭乗手続きを行うことができるのです。

ただし、国際線利用の場合は、出入国の際にeチケット控えが必要になることがあるため、コンビニのプリンターなどを利用して印刷しておきましょう。

eチケットは、航空券の代金支払いが済んだら「たびページ」に「eチケットの準備ができます」と表示されるので、案内に従って操作していきます。

その後、eチケット控えの準備ができたら登録メールアドレスへ「eチケット控え発行のお知らせ」メールが届きます。

メールが届いたら、「たびページ」へログインして【eチケット発行】から表示し、保存や印刷をします。

尚、jtbでは、eチケット控えの印刷代行や郵送は行っておりません。

先ほどもお伝えしましたが、自宅にプリンターがない場合は、コンビニのコピー機からでも印刷できますので利用してみてくださいね。

予約番号の確認方法

予約番号の確認方法

航空会社の予約番号は、「eチケット控え」の上部にある「予約番号」欄から確認できます。

「予約番号」欄には2つの予約番号の記載がありますが、「2つ目の航空会社2レターの後にくる英数字、もしくは英字・数字6桁」です。

eチケット控えは、「たびページ」内の【eチケット発行】から表示が可能で、eチケット発券後はいつでも確認できます。

念の為、予約番号はスマホなどにしっかり控えておくようにしてください。

予約番号が分かれば、トラブルの際にも対処しやすくなりますよ。