0002softbankが繋がらない・遅いのはなぜか。パソコンとワイモバイルの接続方法やパスワード、スポットや危険性についても

0002softbankが繋がらない・遅いのはなぜか。パソコンとワイモバイルの接続方法やパスワード、スポットや危険性についても暮らし

0002softbankが繋がらない・遅い理由は,「ルーターからの距離が遠い」,「接続者が多い」,「ソフトバンクやワイモバイルのSIMカードが挿入されていない」,「プロファイルがインストールされていない」ということが考えられます。

 

パソコンを0002softbankにつなぐ場合は,「ソフトバンクWi-Fiスポット(EX)」の契約を含むユーザー登録をして利用料金を支払い,ログインID・パスワードを入れてログインすることで利用可能。

 

ワイモバイルでの接続方法は,iPhoneとAndroidで違います。

 

iPhoneは,一括設定の「プロファイルのダウンロードページ」を開き,「規約に同意の上,設定を開始」します。

 

「設定」から「プロファイルがダウンロードされました」をタップし,「インストール」を行ってください。

 

その後,ワイモバイルのメール(Yahoo!Japan ID)のパスワードを入力して設定を完了すると,0002softbankのエリアでは自動的に接続されるようになります。

 

一方,Androidの場合,Wi-Fiスポットの設定アプリケーション(おなじみのお父さんが目印)をインストールします。

 

アプリを開き,アクセスの許可・利用規約の同意を行い,ログインIDを選択して設定します。

 

 

パスワードを求められたときは,「ソフトバンクやYモバイルのSIMが挿入されていない可能性」があります。

 

また,「プロファイルがインストールされていない可能性」があります。

 

その場合は,「SIMカードを入れ直し」たり,「本体の再起動を行ったり」,「プロファイルを一度削除して再度インストール」したりしましょう。

 

0002softbankのスポットは,「全国のコンビニや飲食店,商業施設,駅,電車内,空港など」にあるようです。

 

近くのスポットは,「ウェブ検索で現在地近くを検索」したり,「目印であるお父さんステッカーを探したり」してみましょう。

 

 

0002softbankは「暗号化」されているWI-Fiなので,比較的安全に利用できるようになっているようです。

 

しかし,不特定多数に同じパスワードが公開されている場合,だれでもアクセスが可能で,「個人情報が盗まれたり」,「ウイルスに感染したり」,といった危険性は高まります。

 

 

今回は,0002softbankが繋がらない・遅い原因や,パソコン・Ymobileでの接続方法,パスワードを求められたときの対処やスポットがどこにあるか,Wi-Fiスポットの危険性についてご紹介します。

 

繋がらない・遅いのはなぜか

繋がらない・遅いのはなぜか0002softbankに繋がらない・遅い理由は,次のようなことが考えられます。

 

  • ルーターとの距離が遠い
  • 接続人数が多い
  • SIMカードが挿入されていない
  • プロファイルがインストールされていない

 

ルーターとの距離が遠い

ルーターの範囲は,障害物のないところで100m,建物の壁や柱などの障害物がある場合は10~20m程度なので,障害物の多いお店の中では範囲はあまり広くないでしょう。

 

Wi-Fiアイコンを確認しながら,「歩き回って電波の良いところを探しましょう」。

 

また,ルーターのおいてあるところがわかる場合,その近くに座ると0002softbankにつなげる可能性があります。

 

接続人数が多い

Wi-Fiに同時接続可能な台数は大体3~10台,多くても15台。

 

常にたくさんの人がいる店内だと,接続人数が多くなり,つながりにくく,通信速度も遅くなることがあります。

 

その場合,別のアクセスポイントにつないだり,接続に何度もトライしたりすることが必要です。

 

SIMカードが挿入されていない

0002softbankを利用するには,「ソフトバンクのSIMやワイモバイルのSIMが必要」です。

 

SIMカードが挿入されているかを確認しましょう。

 

また,「一度端末の電源を切ってから,SIMカードを差し込み直し,再度電源を入れる」ことで,0002softbankにつなぐことが出来る可能性があります。

 

プロファイルがインストールされていない

0002softbankへの接続には,「プロファイルをインストールすることが必要」です。

 

softbankの公式ホームページからインストールできます。

 

ただし,いくつかのショートカットアプリもインストールされてしまいます。

 

これらは後ほどアンインストールすることも可能です。

 

それでも回線に繋がらない場合,「ネットワーク設定をリセットする」ことや,「すでにインストールしているプロファイルを削除し,再インストールする」ことを試してみましょう。

 

パソコンとワイモバイルの接続方法

パソコンとワイモバイルの接続方法パソコンの接続には,「ソフトバンクWi-Fiスポット(EX)」の契約を行うことが必要です。

 

対象のサービスエリアからユーザー登録をし,料金を支払ってから,ログインとパスワードを入力すれば利用できます。

 

 

ワイモバイルでの接続については,ワイモバイルのSIMカードが挿入されていれば,0002softbankを基本的に無料で利用できます(ただし,対象外の料金プランあり)。

 

また,ソフトバンクWi-Fiスポットの接続方法は,iPhoneとAndroidで設定方法が異なります。

 

パソコンの接続方法

ソフトバンクWi-Fiスポット(EX)は,1日514円で24時間いつでもWi-Fiを利用することのできるプランになります。

 

プラン契約を含むユーザー登録をした後,ご利用料金を支払い,ログインIDやパスワードを入力してログインすれば,利用を開始できます。

 

詳しくは以下のリンクをご参照ください。

 

ソフトバンクWi-Fiスポット(EX)

 

ワイモバイルの接続方法

iPhoneは,一括設定の「プロファイルのダウンロードページ」を開き,「規約に同意の上,設定を開始」します。

 

「設定」から「プロファイルがダウンロードされました」をタップし,「インストール」を行ってください。

 

その後,ワイモバイルのメール(Yahoo!Japan ID)のパスワードを入力して設定を完了すると,0002softbankのエリアでは自動的に接続されるようになります。

 

 

一方,Androidの場合,Wi-Fiスポットの設定アプリケーション(おなじみのお父さんが目印)をインストールします。

 

アプリを開き,アクセスの許可・利用規約の同意を行い,ログインIDを選択して設定します。

 

Wi-Fiスポットのボタンを選び,自動接続をONにすれば利用することが出来ます。

 

詳しい設定方法はこちらを参考にしてみてください。

 

ソフトバンクWi-Fiスポット設定方法 iPhone

 

ソフトバンクWi-Fiスポット接続方法 

 

パスワード入力を求められた時は?

パスワード入力を求められた時は?パスワードの入力を求められる場合,「ソフトバンクやワイモバイルのSIMカードの未挿入」が疑われます。

 

または,「プロファイルのインストールされていない」のかも。

 

前者の場合は,端末の電源を一度落としてから,SIMカードを挿入し直してもう一度電源を入れて,Wi-Fiの接続のトライしてみましょう。

 

後者の場合,「設定」から「プロファイル」,「一括設定」を選び,プロファイルを一度削除して,再度プロファイルのインストールを試みてください。

 

ソフトバンクWi-Fiスポットを使う設定

 

0002softbankのスポット

0002softbankのスポット0002softbankのスポットは,「全国のコンビニ,飲食店,商業施設,駅,電車内,空港など」にあります。

 

例えば,コンビニだとローソンやファミリーマート,セブンイレブン。

 

飲食店だと,マクドナルドやケンタッキーフライドチキン,スターバックス,タリーズ,ドトール,びっくりドンキーなどです。

 

「ウェブ検索」をすることができ,「自分のいる現在地付近のスポットも探すことが出来ます」。

 

また,目印として,スポットのある所には,「白い犬(お父さん)のステッカー」が貼られているようです。

 

以下より検索することが出来ますので,お試しあれ。

 

Wi-Fiスポットを検索

 

危険性について

危険性について0002softbankは「暗号化」されたWi-Fi(鍵マークがついたWi‐Fi)となっていますので,通信の内容が第三者に干渉されないようになっています。

 

比較的安全に利用できるでしょう。

 

しかし,不特定多数に同じパスワードを公開している際には,だれでもアクセス可能な状態になっているため,「個人情報を第三者に盗まれたり」,「ウイルスに感染したり」という危険性も高まります。

 

万全を期すならば,SMSやネットバンキングなどの「個人情報を入力する必要があるものの利用をできるだけ避けたり」,「他人に見られたくない情報の通信をしないようにしたり」することが必要でしょう。

 

また,「セキュリティアプリを端末にインストールしておくこと」や「使わないときのWi-Fiは切っておくこと」,「提供元が明らかな,鍵のついたWi-Fiを利用すること」などの対策をしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました