雪松の餃子がまずい?肉入ってない・ベチャベチャ・臭いなど、安全性と焼き方や無人店舗についてもご紹介

雪松の餃子がまずい?肉入ってない・ベチャベチャ・臭いなど、安全性と焼き方や無人店舗についてもご紹介料理・食材

雪松の餃子は「まずい」という声もありますが、その理由は、ニンニクの効きが強く、野菜の量が多いことにあります。

 

ニンニクが好みだったり、肉よりもヘルシーな餃子が好みの人からは「おいしい」という声も上がっています。

 

つまり、個人の味の好みによって意見が分かれているということです。

 

 

雪松の餃子に「肉が入ってない」という口コミがありますが、もちろん肉は入っています。

 

具材が野菜中心で肉の量が少ないため、肉が入っていないように感じる人も多いようです。

 

その他にも、「野菜の水分が多くてベチャベチャになる」、「ニンニクが効きすぎて臭い」といった口コミもあります。

 

 

雪松の餃子には、「国産のキャベツ」、「自社工場で生産し、他業者を介さない」などの安全性についてのこだわりがあります。

 

 

餃子は冷凍で販売されていて、焼くときは解凍せずに冷凍のまま、熱湯で焼くのがポイントです。

 

 

雪松は無人店舗での販売スタイルであることから、お客を信頼していると考えることができます。

 

 

この記事では、雪松の餃子はまずいのか、実際の口コミや餃子の安全性と焼き方、無人店舗について詳しくお話ししていきたいと思います。

 

 

まずい?

まずい?

 

雪松の餃子は、人によっては口に合わず、「まずい」と感じる人もいるようです。

 

その理由として挙げられるのは、次の3点です。

 

  • ニンニクの効きが強い
  • 野菜が多い
  • 肉が少ない

 

雪松の餃子は、ニンニクの効きが強く、口に入れると臭いや辛さが広がります。

 

この臭いや辛さから好き嫌いが分かれ、苦手と感じる人もいるようです。

 

 

また、具材はキャベツやニラといった野菜が多めであることから、好みが分かれると考えられます。

 

 

肉がたっぷりの餃子が好みの人は、味に物足りなさを感じるかもしれません。

 

 

ただ、ニンニクや野菜が苦手でない人からは、「おいしい」という声も上がっています。

 

 

 

人によっては、ニンニクの臭いもそれほど気にならなかったり、野菜が多いほうがヘルシーで食べやすいと感じるのでしょう。

 

つまり、雪松の餃子は万人にとって「まずい」というわけではなく、個人の味の好みによって意見が分かれているということです。

 

肉入ってない・ベチャベチャ・臭いなどの口コミがある?

肉入ってない・ベチャベチャ・臭いなどの口コミがある?

 

雪松の餃子には、次のような口コミがあります。

 

  • 肉が入ってない
  • ベチャベチャ
  • 臭い

 

では、その理由について、1つずつ見ていきましょう。

 

 

肉入ってない

 

まず、雪松の餃子に肉は入っています。

 

原材料名の中にも、「豚肉」と記載されていることが確認できます。

 

 

「肉が入ってない」といわれる理由は、具材がキャベツやニラといった野菜メインで、肉は少なめであるからです。

 

 

このように、見た目にもキャベツやニラしか入っていないように見えることから、「肉が入ってない」と思う人は多いようです。

 

 

ベチャベチャ

 

雪松の餃子は、「ベチャベチャ」になるという声もあります。

 

理由は、具材の主体である野菜の水分が多いからです。

 

 

 

このように、餡の水分が多いことで、焼いたときに中が「ベチャベチャになる」という意見も見られています。

 

外側はパリッと焼けても、中の具材は柔らかいということです。

 

水分が多くて餃子の食感が落ちてしまうのは、残念ですね。

 

そこで、餃子がベチャベチャにならない方法を以下にご紹介します。

 

  • フライパンに油を少し入れ、加熱する
  • 水ではなく、熱湯で焼く
  • 最後にサラダ油を餃子全体にかける

 

引用元:冷凍餃子の失敗しない焼き方とは? | はちやの餃子ブログ (hachiya.pepper.jp)

 

フライパンが高温の状態で餃子を焼くことによって、水分もしっかりとび、ベチャベチャになることを防ぐことができます。

 

 

臭い

 

雪松の餃子が臭いといわれる理由は、ニンニクの効きが強いからです。

 

 

 

このように、食べた翌日もニンニク臭さが残るようです。

 

周囲にも分かる臭いであることから、食べた翌日に人前に出るような場合は、ブレスケアを使うなどして注意を払う必要がありますね。

 

ただ、このニンニクの効きの強さは、餃子のおいしさをより引き立てているとも考えることができます。

 

 

 

大人だけでなく、小さな子供も気に入るおいしさなのですね。

 

ニンニクの臭いが翌日まで残るということは、それほど餃子をおいしく食べることができたということでもあるのではないでしょうか。

 

臭いが残ると周囲にも気を遣いますが、この「臭い」という口コミは、決してマイナスな意味だけではないように思います。

 

安全性について

安全性について

 

雪松の餃子の安全性には、次のようなこだわりがあります。

 

  • 国産キャベツを使用
  • 餃子は自社工場で生産
  • 冷凍餃子での提供
  • 他業者を介さず直売所で販売する

 

これらは全て、80年以上前から伝わる雪松の秘伝の味を守り、再現するためのものです。

 

餃子の具材の中心となるキャベツは、国産にこだわっています。

 

産地は季節ごとに変更され、雪松の餃子に合った味のものが厳選されます。

 

餃子は厳しい管理体制のもと自社工場で生産され、直売所で他業者を介さずに販売されます。

 

餃子が冷凍なのは、「各家庭で簡単に食べられるように」との雪松の思いからです。

 

雪松では、国が定める安全基準を守るのはもちろん、厳しい社内基準のもと安全面に対して徹底した取り組みが行われているのです。

 

 

厳選された国産キャベツや、生産から販売まで他業者を一切介さないところから、雪松の餃子の安全性の高さが感じられますね。

 

同時に、秘伝の味をそのまま多くの家庭に届けたいという、餃子に込められた雪松の深い思いも伝わってきます。

 

 

焼き方はこちら

焼き方はこちら

 

雪松の冷凍餃子の焼き方は、次の通りです。

 

  1. 熱湯100ccを用意する。
  2. フライパンに油30㏄を引き、火をつけて1分間温める。
  3. 火を止め、間隔をあけて餃子を並べる。
  4. 熱湯100ccをすべての餃子にかかるように上からかける。
  5. すぐに蓋をして、中火で蒸し焼きにする。(5~6分を目安)
  6. 蓋をあけて水分をとばし、程よい焼き色がついたらできあがり。

 

餃子の食感を落とさず、パリッとモチモチに焼き上げるには、「フライパンの加熱」と「熱湯で焼くこと」、「水分をとばすこと」が重要となります。

 

 

また、以下には餃子を焼く上での注意点をご紹介します。

 

  • 冷凍餃子は解凍せず、冷凍のまま調理する。
  • 上記の焼き方は、一般的な家庭用のガスコンロで餃子18個を想定した焼き方の目安。
  • IHを使用の場合は火力を強火に調整する。
  • 使用するフライパンや環境により多少の調整が必要。
  • 火力、分量、時間などは目安として、実際に調理しながら調整をする。

 

引用元:おいしい餃子の焼き方 – 【公式】餃子の雪松 (yukimatsugyoza.com)

 

焼き方は、餃子の包装紙に記載されている他、公式サイトでは動画でも紹介されています。

 

 

説明の通りに焼けば、簡単においしい餃子ができあがるようですね。

 

 

無人店舗一覧

無人店舗一覧

 

雪松の餃子の店舗は24時間営業の無人店舗で、全国各地に展開されています。

 

ここでは、その一部として横浜市の店舗一覧と、購入方法、無人店舗のセキュリティについてご紹介します。

 

 

横浜市の店舗一覧

 

雪松の餃子の無人店舗ですが、関東地方には136店舗あります。

 

そのうち、横浜市内にあるのは次の10店舗です。

 

磯子店

神奈川県横浜市磯子区栗木2-2-28

 

弘明寺店

神奈川県横浜市南区六ッ川1-1-8

 

山手店

神奈川県横浜市中区本郷町2-32 岸ビル

 

大口店

神奈川県横浜市神奈川区神之木町10-13

 

戸塚店

神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4887

 

藤が丘店

神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-15-8 パストラル藤が丘102

 

田奈店

神奈川県横浜市青葉区田奈町15-1

 

中山店

神奈川県横浜市緑区中山6-2-3 折山ビル1F

 

緑園都市店

神奈川県横浜市泉区緑園1-2-1

 

港北ニュータウン店

神奈川県横浜市都筑区荏田東4-19-23

 

 

この他の地域の店舗数は、以下の通りです。

 

  • 北海道 14店舗
  • 東北  35店舗
  • 中部  73店舗
  • 近畿  62店舗
  • 中国  27店舗
  • 四国  20店舗
  • 九州  53店舗

 

引用元:店舗 – 【公式】餃子の雪松 (yukimatsugyoza.com) (2022年9月時点)

 

公式サイトでは全国各地の店舗を検索することができます。

 

ご興味のある方は、ぜひお近くの店舗を探してみてはいかがでしょうか。

 

 

購入方法

 

無人店舗での餃子の購入方法は、次の通りです。

 

  1. 冷凍庫から餃子の袋を取り出す。(1袋36個入り、1,000円)
  2. 冷凍庫の扉を閉める。(1袋につき2つまで保冷剤を提供)
  3. お好みで、雪松特製の餃子のたれも。(1個200円)
  4. 餃子1袋につき、レジ袋1枚提供。保冷パックの用意もあり。(1個100円)
  5. 料金箱にお金を入れる。(お釣りなしのため注意)

 

引用元:無人店舗での購入方法 – 【公式】餃子の雪松 (yukimatsugyoza.com)

 

上記のように、支払い時にお釣りは出ないため、購入の際はお釣りのないように気を付けましょう。

 

 

店舗に直接足を運ぶのが難しい場合は、公式サイトの下記URLから取り寄せで購入することもできます。

 

引用元:餃子の雪松 | (yukimatsugyoza.com)

 

雪松が餃子を無人店舗や取り寄せで販売している理由は、作りたてのおいしさを各家庭に直接届けられるようにです。

 

それによって、気軽に購入できるという人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

しかし、無人店舗については、このようにお店のセキュリティ面を心配する声もあります。

 

 

セキュリティ

 

無人店舗のセキュリティ対策には、次のようなものがあります。

 

  • 店内に防犯カメラを設置
  • 料金箱に振動センサーあり

 

 

 

2018年から始まった無人店舗ですが、店舗数は増えてきていることから、このスタイルで問題なく営業できていると考えることができます。

 

 

 

他にも、料金箱を賽銭箱のような形にすることで、悪いことをできないように工夫もされているようです。

 

無人店舗がこのような体制である理由は、雪松の「お客への信頼」が形となって表れているからではないでしょうか。

 

そして、お客が無人店舗で餃子を購入するのもまた、雪松を信頼しているからではないかと思います。

 

つまり、雪松とお客、お互いの信頼のもとで無人販売が成り立っているといえます。

 

 

秘伝の味を守り、お客を信頼する雪松。

 

真心がこもった餃子を、ぜひ一度、味わってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました