スポンサーリンク

コメダ珈琲チケットの使い方を解説!値段と期限やモーニング・ランチ・テイクアウトで使えるのかを教えます

スポンサーリンク
コメダ珈琲チケットの使い方を解説!値段と期限やモーニング・ランチ・テイクアウトで使えるのかを教えますアプリ
スポンサーリンク

コーヒーチケットの使い方は「お会計時に注文したドリンク分、チケットを渡す」だけ。

 

値段は「税込2,600円〜3,200円」くらいで、店舗によって売っている枚数と値段が違うようです。

 

期限はありません。

 

モーニングやランチで使えますが、テイクアウトでは使えません。

 

今回は「コメダ珈琲チケットの使い方を解説!値段と期限やモーニング・ランチ・テイクアウトで使えるのか」ご紹介いたします。

スポンサーリンク

コーヒーチケットの使い方

コーヒーチケットの使い方

コーヒーチケットの使い方は「お会計時に注文したドリンク分、チケットを渡す」だけです。

 

  1. 食事が終了したら、伝票を持ってレジに向かう
  2. 「注文したドリンク分」のコーヒーチケットを渡す
  3. 対象ドリンク以外の注文があれば、払う

 

コメダのコーヒーチケットは、「ドリンク1杯に1枚」使えます。

 

お会計までに、束になったチケットからドリンク分のチケットを切り離しておきましょう。

 

使える店舗は「コーヒーチケットを購入した店舗のみ」、他店舗では使えません。

 

何名かでシェアをして利用することはできるみたいですよ。

 

 

コーヒーチケットが使えるドリンクは以下です。

 

  • コメダブレンド
  • アメリカンコーヒー
  • カフェインレスコーヒー
  • カフェオーレ
  • 豆乳オーレ
  • ミルクコーヒー
  • 紅茶
  • ミルク
  • コーンスープ
  • アイスコーヒー
  • アイスオーレ
  • アイス豆乳オーレ
  • アイスミルクコーヒー
  • アイスティー
  • アイスミルク
  • メロンソーダ
  • コーラ
  • カルピス
  • ソフトクリーム

 

「コーヒーチケット+100円」で飲めるドリンクはこちら。

 

  • たっぷりサイズ
  • コメ黒
  • 金のアイスコーヒー・プレミアムコーヒーSophia
  • お伊勢さんの和紅茶「瑞」

 

店舗によって取り扱いがないドリンクもありますので、ご了承ください。

スポンサーリンク

値段と期限はいつ?

値段と期限はいつ?

値段は「税込2,600円〜3,200円」くらい。

 

期限はありません。

コーヒーチケットの値段や種類

珈琲チケットは「6枚綴り」「7枚綴り」・「8枚綴り」・「9枚綴り」など、何種類かあります。

 

売っている枚数と値段は店舗によって違うので、値段の目安は以下を参考にしてください。

 

  • 6枚綴り:税込2,600円
  • 7枚綴り:税込2,900円
  • 8枚綴り:税込3,000円〜3,100円
  • 9枚綴り:税込3,200円

 

珈琲チケットを使うと、ドリンクが「約1~2 杯分」お得です。

 

つまり、珈琲チケット1冊で「約520円〜760円安く」ドリンクを飲めます。

 

 

また、コメダ珈琲では「チケットセール」や「〜周年記念チケット」などで更にお得に安くコーヒーチケットを購入できるそうですよ。

 

例えば2018年10月5日に「コメダ珈琲50周年記念」でコーヒーチケットの値段はそのままで+1杯分ドリンクが飲めたり、2022年6月15日〜6月19日は「龍ヶ崎店」で「6枚綴りの珈琲チケットが税込2,200円(通常価格:税込2,600円)」で買えたり。

 

福袋の中にも珈琲チケットが入っているみたいですよ。

 

是非、セール中にコーヒーチケットをゲットしましょう。

期限はない、買う時の注意点

コーヒーチケットには期限がないので、「購入店舗のみ利用可」以外はデメリットはあまりないと思います。

 

買うときに気をつけていただきたいことは、

 

  • チケットは換金できない
  • チケットの購入は現金のみ
  • 買った店舗でしかチケットが使えない

 

ということ。

 

一度チケットを買うと、残りのチケットを現金に戻すことはできません。

 

購入は現金のみなのでクレジットカードなども使えない、チケットを買った店舗でしかチケットは使えません。

 

チケットを買う店舗をどこにするのか、決めてから買いに行くと良いでしょう。

 

金券ショップでコメダのコーヒーチケットが売られているようですが、コメダ珈琲とは関わっていないと思います。

スポンサーリンク

モーニングとランチも使えるのか

モーニングとランチも使えるのか

モーニングとランチも使えます。

 

特に「モーニングでコーヒーチケットが使える」というのは、すごくお得な話なんですよ。

 

開店から11:00まで利用できるコメダ珈琲のモーニングでは、「ドリンク1杯注文するとトーストが無料」で食べられるからです。

 

つまり、ドリンクをコーヒーチケットでお会計をすれば「ドリンクもトーストもお得」になる。

 

コーヒーチケットは「いつでも」使えます。

 

使える時間の指定はありません。

 

では、テイクアウトについて見てみましょう。

スポンサーリンク

テイクアウトは?

テイクアウトは?

テイクアウトは珈琲チケットが使えません。

 

店内を利用したときにのみ、珈琲チケットが使えます。

 

テイクアウトでも使えるようになると、良いですね。

スポンサーリンク

珈琲チケットとコメカ、お得なのはどっち

珈琲チケットとコメカ、お得なのはどっち

珈琲チケットとコメカ、お得なのは「珈琲チケット」だと思います。

 

珈琲チケットは「チケット購入店舗のみ利用可」が少しデメリットに感じますが、他店舗にも行きたい方以外はコメカよりも「珈琲チケット」の方がお得でしょう。

 

では、珈琲チケットとコメカの違いを見てみます。

珈琲チケットとコメカの違い

珈琲チケットとコメカの違いは以下です。

利用できる店舗購入方法ドリンクに利用フードに利用有効期限
珈琲チケット購入店舗のみ現金のみ×なし
コメカ全店舗現金1,000円以上のチャージなし(ポイントの有効期限は、最終利用日・最終チャージ日から2年間)

コメカは全店舗・ドリンクとフードも利用できます。

 

お会計でコメカを利用すると支払額の1%〜3%がもらえ、ポイントが貯まります。

 

デメリットは「珈琲チケットほどお得ではない」くらい。

 

例えば同じメニューを注文し、コメカを利用して「249円」お得になった場合、珈琲チケットを利用して「580円」お得になる。

 

金額で見ると珈琲チケットの方がお得です。

 

しかし、「利用したい店舗」が1つではないのであれば、コメカを使った方がお得。

 

上記を参考にして、どちらが合っているか検討してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました