ミニストップはゆうパック取り扱い店舗?箱や伝票はある?ゆうパックはミニストップで受け取りできる?料金や集荷時間も134

ミニストップはゆうパック取り扱い店舗です。

伝票はレジでもらえますが、専用箱は郵便局の窓口でしか購入できません。

発払いのゆうパックのみ、ミニストップで受け取りできます。

料金は、サイズや送る場所によって「810円~3,160円」かかります。

集荷時間は、私の家の最寄り店舗では「10~11時と15~16時」の1日2回でした。

今回は「ミニストップはゆうパック取り扱い店舗?箱や伝票はある?ゆうパックはミニストップで受け取りできる?料金や集荷時間も」くわしく解説しますね。

ミニストップはゆうパック取り扱い店舗なのか

ミニストップはゆうパック取り扱い店舗なのか

ミニストップは「ゆうパック取り扱い店舗」です!

やり方をご紹介しますね。

  1. 送りたい荷物を規定サイズ内で梱包する(※専用箱については次の章で後述)
  2. ミニストップに持ち込む
  3. レジで伝票をもらって記入する
  4. 荷物に伝票を貼り付ける
  5. レジで荷物のサイズ・重量を計測してもらい、料金を支払う
  6. 伝票の控えを受け取って完了

基本的に、郵便局の窓口と同じ手続きです。

自信がなくても、レジで店員さんに「ゆうパックを送りたい」と伝えれば説明してもらえますよ。

なお、支払いに使えるのは「現金」もしくは「電子マネーWAON」のみ。

クレジットカードやペイペイなどのキャッシュレス決済は使えないため注意しましょう。

箱や伝票はある?

箱や伝票はある?

ミニストップでは伝票は貰えますが、専用箱は購入できません。

なので、「①あらかじめ自宅で梱包して持って行く→②レジで伝票をもらってイートインスペースで記入」の流れがベストですね。

「ゆうパック」の専用箱は、郵便局の窓口で購入できます。

しかし、以下の規定サイズ以内であればどんな梱包でもOK。

<ゆうパックの規定サイズ>

  • 縦・横・高さ:3辺の合計が170cm以下
  • 重量:~25kg

ちなみに、サイズは7段階に区分けされており、大きくなるほど送料も高くなります。

なるべくぴったりサイズの箱を探してみてくださいね。

余談ですが、ネットには「レジの店員に頼むと不要な段ボールを貰える」という体験談も。

しかし、サイズがあわないこともあるので、やはりあらかじめ梱包して持ち込むのが確実でしょう。

受け取りも可能?

受け取りも可能?

お届け先をミニストップに指定しておけば、受け取りも可能です。

手順はこちら。

  1. 郵便局のサイトで「ゆうびんIDの登録」を行う
  2. 「居住確認手続き」で受け取り先のミニストップを選択
  3. 受取通知メールのURLからバーコードを表示して、レジで提示
  4. もしくはLoppi端末で引換券を発行し、レジで提示

荷物が届いてから、最低3日間は保管してくれます。

曜日や時間帯を気にせず、自分の好きなタイミングで受け取れるのはうれしいですね。

ちなみにミニストップで受け取れるのは「発払いの荷物のみ」。

着払いの荷物は、自宅か郵便局の窓口受け取りになるため注意しましょう。

料金はこちら

料金はこちら

料金は、送る荷物のサイズ・送り先によって「810円~3,160円」かかります。

東京都→東京都(同一都道府県内)へ送る場合の送料はこちら。

送るサイズ(3辺の合計)送料
60サイズ(60cm以下)810円
80サイズ(80cm以下)1,030円
100サイズ(100cm以下)1,280円
120サイズ(120cm以下)1,530円
140サイズ(140cm以下)1,780円
160サイズ(160cm以下)2,010円
170サイズ(170cm以下)2,340円

続いて、東京都→広島県に送る場合の送料はこちら。

送るサイズ(3辺の合計)送料
60サイズ(60cm以下)1,100円
80サイズ(80cm以下)1,310円
100サイズ(100cm以下)1,560円
120サイズ(120cm以下)1,800円
140サイズ(140cm以下)2,060円
160サイズ(160cm以下)2,270円
170サイズ(170cm以下)2,640円

事前に料金を調べたいときは、ゆうパックの公式サイトで確認できますよ。

正直かなり割高だと感じたのは私だけではないはず。

割引サービスについても調べてみました。

ゆうパックの送料割引サービス3つ

ゆうパックの送料が割引になるサービスは3つあります。

  • 持ち込み割引サービス:1個につき120円引き
  • 同一あて先割引サービス:1個につき60円引き
  • 複数口割引サービス:1個につき60円引き

「持ち込み割引サービス」は、自宅集荷以外に適応される割引。

よって、ミニストップからの発送は、かならず120円割引になります。

過去1年間に発送したことのある宛先に、再度送る場合は「同一あて先割引サービス」の対象です。

過去の宛名控えをレジに提示する必要がありますので、忘れずにとっておきましょう。

「複数口割引サービス」は、同じあて先に2個以上送る場合に適応されます。

これらの割引サービスを賢く活用して、送料の節約に役立ててくださいね。

集荷時間について

集荷時間について

集荷時間は地域や店舗によって異なりますが、最寄りのミニストップでは「午前:10~11時、午後:15~16時」の1日2回。

ゆうパックと一緒にポスト内の郵便物もまとめて集荷されるため、店舗ポストに記載されている時間を確認するのが手っ取り早いです。

ネットで調べてみると、1日1回の店舗もありました。

急いで送る必要があるときは、郵便局の窓口で「速達扱い」にするのが確実。

自宅まで集荷に来てくれる「Web集荷サービス」もあるので、用途に応じて使い分けてくださいね。