香水未開封と開封後の使用期限はいつまで?保管方法や古い香水の再利用方法、処分方法も

香水の使用期限は「未開封:約3年」「開封後:約1年」といわれてます。

保管方法は「常温」「直射日光の当たらない場所」「蓋をしっかりと閉める」です。

古くなった香水は「ルームフレグランス」「サシェ」として活用しましょう。

処分方法は「中身:ティッシュに吸わせて燃えるゴミへ」「容器:自治体の分別ルールに従い廃棄」です。

この記事では、香水の未開封と開封後の使用期限の違いについて、保管方法や古い香水の再利用方法、処分方法など詳しく解説いたします。

未開封の使用期限

未開封の使用期限

香水の未開封の使用期限は約3年です。

香水は薬機法で「化粧品」に分類され、「化粧品」は適切な保存条件において未開封で3年以上保管しても性状と品質が安定していれば使用期限を表示しなくてよいそうです。

参考までに私の愛用の香水「D&Gドルチェ&ガッバーナ ライトブルー」で、確認してみましょう。

表側の写真ですが、シンプルなデザインですね。

底の写真です、やはりどこにも使用期限の記載はありませんね。

つまり、「未開封の使用期限:約3年」というのはあくまで目安なのです。

後ほど、香水の適切な保存条件について解説しますので良かったら、そちらも参考にしてくださいね。

開封後の使用期限

開封後の使用期限

香水の開封後の使用期限は約1年です。

香水の成分は主にアルコール、香料、水で構成されており、これらの成分が開封後、光や熱などで劣化する可能性があります。

使用期限が約1年と短くなっているのは、開封による環境の変化で品質が保てなくなるためであるといえるでしょう。

品質の変化による影響として考えられる事例

  • アルコールの揮発や香料の変化で香りに変化が起き、香りが弱まる(変化する)可能性がある
  • 香水が雑菌などで汚染され、吹きかけた部位が肌トラブルの原因になる可能性がある

使用期限を1年超えて使用するときは、中身の状態と香りを確認してから使用したほうがいいかもしれませんね。

では、開封後でも適切に保管した場合なら香水の使用期限はどうなるでしょうか?

おそらく、複数の香水をお持ちの方で、多くの方が何年も消費しきれずにいらっしゃるのではないでしょうか。

私も普段から香水を愛用しておりまして、先ほど写真を載せた「D&Gドルチェ&ガッバーナ ライトブルー」は、実をいうと使い始めてから5年を経過しています。

普段から戸棚に収納してましたが、特に香りの変化などはなく、品質に問題は生じておりません。

 きちんとした保存条件下であれば1年以上の期間でも長持ちするということですね。

それでは、次は適切な保管方法について説明いたしますね。

保管方法は?

保管方法は?

香水の適切な保管方法は「常温」「直射日光の当たらない場所」「蓋をしっかりと閉める」です。

それぞれについて詳しく解説します。

「常温」とは?

常温とは、室温が15〜25度の範囲のことを表します。

極端に低温や高温で保管することは避けましょう。

急激な温度変化により、香水の成分が結晶化したり、結露による空気中の雑菌やカビが容器内や蓋などに繁殖する原因となるためです。

「直射日光の当たらない場所」とは?

太陽光に含まれる紫外線が香水の成分であるアルコールや香料の変質を招くため、直射日光が当たらない場所に保管しましょう。

また太陽光で香水の内部温度が上がり、温度変化による劣化の原因にもなるため夏場は特に注意が必要です。

「蓋をしっかりと閉める」とは?

蓋がきちんと閉められていないと、空気中の水分や雑菌が香水の容器内や噴射口に付着してしまう可能性があります。

雑菌は湿度が高い環境下で繁殖するため、汚染防止のためにも必ずきちんと蓋を閉めましょう。

正しい保管方法を実施して、香水を劣化させずに最後まで使い切れるといいですね。

古い香水の再利用方法

古い香水の再利用方法

古くなった香水は「ルームフレグランス」「サシェ」として活用しましょう。

複数の香水をお持ちの方はもしかすると”何年たっても使い切れないよ。”と嘆いているかもしれません。

そんな時は、別の用途で香水をフル活用しましょう。

「ルームフレグランス」として活用する

用意するものは100円ショップで購入した「消臭ビーズ」です。

余っている香水をまんべんなく「消臭ビーズ」に吹きかければ「ルームフレグランス」の出来上がりです。

寝室の枕元などに置いておけば、良い香りに包まれて、きっと良質な睡眠をとることができるでしょう

「サシェ」として活用する

「サシェ」とはフランス語で”香り袋”という意味だそうです。

用意するものは100円ショップで購入した「巾着袋」と「ガーゼ」です。

「ガーゼ」に香水を吹きかけて「巾着袋」へ収納すれば「サシェ」の出来上がりです。

クローゼットや車の中などにぶら下げておくと、消臭効果にもなって、良い香りもするので幸せな気持ちになれますよ。

ただし、明らかに香水の色に変化が起きていたり、匂いが変わってしまっている場合は再利用せずに廃棄することをお勧めいたしますね。

処分方法はこちら

処分方法はこちら

処分方法は「中身:ティッシュに吸わせて燃えるゴミへ」「容器:自治体の分別ルールに従い廃棄」です。

明らかに香水として役割を果たしていない場合は、体にも心にも害を与えるため、処分することをお勧めしますね。

では、それぞれの廃棄処理方法を詳しく解説いたします。

「香水の中身」の処理方法

香水の成分はアルコール、香料、水なので、容器から直接ティッシュに染み込ませて、燃えるゴミへ出しましょう。

台所の流し台に流してしまうと、異臭の原因になるため、燃えるゴミとして出すことをお勧めいたします。

「容器」の処理方法

自治体の分別ルールに従い廃棄しましょう。

私の愛用している「D&Gドルチェ&ガッバーナ ライトブルー」はガラスの容器でしたので、分別ルールを調べると「燃えないゴミ」でした。

地域によって分別ルールが異なるため、必ず確認してから捨てましょうね。

香水は高温多湿を避け、直射日光の当たらない環境下で、きちんと蓋を閉めて管理すれば劣化することはほとんどありません。

適切な保管方法で、香水を最後まで楽しみましょうね。