絞り袋の代用。ジップロックとポリ袋、口金の代用は?口金なしでもできる?クッキー・生クリーム・マカロン・アイシングの絞り袋を作る方法

絞り袋の代用。ジップロックとポリ袋、口金の代用は?口金なしでもできる?クッキー・生クリーム・マカロン・アイシングの絞り袋を作る方法料理・食材

絞り袋の代用は「ジップロック」や「ポリ袋」でできます。

 

口金の代用は「アルミ缶」や「クリアファイル」,「マヨネーズの空き容器」など。

 

「絞り袋の口の切り方を工夫」すれば、口金なしでもOK。

 

バラ口金風や星口金風とかね。

 

生クリーム・クッキー・マカロンの絞り袋の作り方は「袋の一方の角を1㎝幅で袋の口から4~5㎝のところまで折りたたみ,セロハンテープなどで留める」だけ。

 

絞り口は「生クリーム:好きな大きさや形に切る」・「クッキー:7mm~8mmに切る」・「マカロン:8mmに切る」を目安にしましょう。

 

アイシングの絞り袋の作り方は、「小さめの袋を半分に切り、角に向かってアイシングクリームを入れて空気を抜きながら袋の口を閉じる」。

 

絞り口は「先を少し切る程度」で。

 

今回は,「絞り袋の代用。ジップロックとポリ袋、口金の代用は?口金なしでもできる?クッキー・生クリーム・マカロン・アイシングの絞り袋を作る方法」をご紹介します。

 

ジップロックとポリ袋で代用可?

ジップロックとポリ袋で代用可?

ジップロックとポリ袋で代用可です。

 

代用方法はこちら。

 

ジップロック

  1. ジップロックの中に,絞りたいものを入れる(口金を使用する場合は,袋の角にあらかじめ入れてから,口金のついているところをねじって絞りたいものを入れる)
  2. 中身が漏れないようにジップを「空気を抜きながら」閉じる
  3. 袋の角を斜めに,好きな大きさにカットして絞る(切り口は始めは小さめに切って,その後調整していった方がよい)

 

ジップロックで代用すると,中身を入れて「すぐに使わない場合はそのまま保存する」ことができていいですよね。

 

また,袋の耐久性があり柔軟性もあるので,固めのクリームを入れて絞っても,「簡単には破れない」という良さもあります。

 

ただし,一気に絞り出したり,チュロスやクッキーの生地など固めの生地を絞り出したりする場合は,袋が破けてしまうこともあるので,予備の絞り袋を用意しておくとよいでしょう。

 

ポリ袋

  1. 袋の中に生クリームなどの絞りたいものを入れる(口金は中身を入れる前に袋の角にセットして,その部分をねじっておく)
  2. 空気を抜きつつ袋の口を閉じる(くるくるとねじったり,結んだりする)
  3. 袋の角を好きな大きさに切る

 

ポリ袋の使い方は,ジップロックのような保存袋と大体同じ。

 

食品を直接入れてもOKな,「清潔な袋」を使うようにしてください。

 

ポリ袋はジップロックより柔らかく,破れやすいので,「袋を2枚以上重ねたり,袋の中にクッキングシートを重ねたり」して強化してから使用するとよいでしょう。

 

また,絞りだすクリームや生地は「少し柔らか目」がおすすめ。

 

口金を入れたときにその部分をねじるのは,クリームが入って,角を切るときにクリームが出てくるのを防ぐためです。

 

上手に絞るポイントを3つ説明しますね。

 

絞り袋に入れる中身の量

袋に入れる生クリームや生地などの量は,「袋の3分の2くらい,5~6分目」を目安に入れるようにしましょう。

 

なぜなら,たくさん入れてしまうと上からクリームが飛び出したり,空気を抜いて袋の封を閉じにくくなったり,持つときに力加減がしづらかったりするからです。

 

ちなみに,中身を入れるときは「口の広いマグカップや計量カップなどに袋をかぶせる」と,詰めやすくなるでしょう。

 

また,袋を閉じる際は,「空気を抜き,中身が少ない場合はつめ終えた部分を輪ゴムで閉じておく」と絞り出しやすくなるようです。

 

絞り袋の持ち方

絞り袋を持つ際,「袋の上部を利き手で持ち,もう片方の手を絞り口付近にやさしく添える」ように持ちます。

 

下の方に添えた手は,絞り口を支え,絞っているときのブレを防ぐために置きます。

 

絞り出すときは,一気に出そうとすると袋が破けてしまうので,「ゆっくりと優しく押し出す」ようにしましょう。

 

中身の飛び出しにも注意。

 

袋の口はしっかりと閉じておきましょう。

 

温度が肝心

生クリームやクッキー生地,シュークリームの生地などの絞り出す中身は,温度上昇で,バターが溶けて緩くなってしまったり,生クリームがぼそぼそしてしまったりします。

 

次のようなことで対策できるでしょう。

 

  • 使うまでは冷蔵庫などの「涼しい場所で保存」すること
  • 「温度が上がる前に」絞り終えること
  • 中身が緩くなったら,「いったん冷蔵庫などで冷やす」
  • 手が温かい場合は「氷水で手を冷やしてから絞り袋を持つ」ようにすること

 

絞るものの温度に気を配ることで,よりうまく絞ることが出来るでしょう。

 

クッキー・生クリームの絞り袋の作り方

クッキー・生クリームの絞り袋の作り方

クッキー・生クリームの絞り袋の作り方は以下です。

 

  1. ジップロックまたはポリ袋の片方の角から,斜めに1㎝幅で折り込む
  2. ジップロックの口から4~5㎝ほど残したところまで(ポリ袋の場合は適当なところまで)折ったら,セロハンテープで留める
  3. 絞りだしたいものを入れ,空気を抜いて口を閉じる
  4. 使用する際は先のとがった部分をはさみで切る

 

 

詳細はこちらから。

 

お菓子作りに役立つ小ワザ集|知っ得!納得!キッチンアイデア

 

生クリームを入れる場合は,絞り口を,お好みの大きさや形(後ほど紹介する口金なしで絞るときの絞り口の切り方など)に切るか,口金の大きさに合わせて切ります。

 

クッキーの場合は,直径7~8㎜の丸口金に合わせて切るか,絞り口が7~8㎜になるように切るとよいでしょう。

 

前述にあるように,口金を使用する際は,中身を入れる前に口金を角に入れ,その角をねじってから中身を入れましょう。

 

マカロン・アイシングの絞り袋の作り方

マカロン・アイシングの絞り袋の作り方

マカロン・アイシングの絞り袋の作り方です。

 

  1. ジップロックまたはポリ袋の片方の角から,斜めに1㎝幅で折り込む
  2. ジップロックの口から4~5㎝ほど残したところまで(ポリ袋の場合は適当なところまで)折ったら,セロハンテープで留める
  3. 絞りだしたいものを入れ,空気を抜いて口を閉じる
  4. 使用する際は先のとがった部分をはさみで切る

 

クッキー・生クリームの絞り袋の作り方と同じですね。

 

口の切り方は,3~4㎝のマカロンの場合,口金は8㎜が使いやすいようなので,その口金に合わせて切るか,口が8㎜ほどになるように切りましょう。

 

絞り袋に折り目がついているので,「指で折り目を慣らすようにして口ができるだけ丸くなるように」しておくとよいようです。

 

 

アイシング用で,ポリ袋の絞り袋を使う場合はこちら。

 

アイシングの絞り袋の作り方(ポリ袋)

  1. ポリ袋を半分に切り,片方が閉じている底の方を使う
  2. 底の部分のマチを切り取る(角になっているところだけ切り,穴が開かないように注意)
  3. 袋の口を大きく開けて平らなところに置き,マチを切り取った角の方にアイシングを入れる
  4. 色を付ける際は白いアイシングと食紅を入れて,袋の口を閉じて色が全体になじむように揉み込むように混ぜる
  5. 袋の口を縛る
  6. 先端をほんの少し切る
  7. 固さを確認し,緩かったら粉砂糖を足し,固かったら水を足して混ぜる

 

袋の中で食紅を混ぜるができるので,混ぜるための器などの片付けの手間が省けて便利です。

 

アイシングはコルネを使うのが一番ですが,小さいポリ袋やジップロックなどで代用することもできます。

 

あまり大きすぎる袋を使うと,デコレーションしたり,文字を書いたりするときに,コントロールがしづらくなってしまいます。

 

 

下の方にぎちぎちに詰めると中身が出てきてしまうので,ゆとりを持たせて入れるようにしましょう。

 

口金の代用品はこちら

口金の代用品はこちら

口金の代用品は「アルミ缶」・「クリアファイル」・「マヨネーズの容器」。

 

アルミ缶

アルミ缶を,ハサミで切って口金をつくります。

 

ハサミで缶を切るには結構力が要ります。

 

また,ケガの恐れが在りますので注意が必要です。

 

クリアファイル

クリアファイルも,切って丸めて口金をつくります。

 

その際はクリアファイルを清潔にしてから使用しましょう。

 

こちらも切る作業が手間で,ケガにも気を付けましょう。

 

マヨネーズの空き容器

マヨネーズの容器の口は星形になっているので,手間がないです。

 

おまけに,絞り出しやすい素材で破れたりする心配もないのでおすすめ。

 

容器は良く洗って乾かしてから使いましょう。

 

口金なしでも絞れる?

口金なしでも絞れる?

口金なしでも絞れます。

 

切り方を説明しましょう。

 

バラ口金風

袋の角の先端を斜めに切ります。

 

斜めにカットした,短い方を上にして揺らしながら絞ると,フリルのように絞ることが可能です。

 

星口金風

袋の角の先端を縦に2回折り,左右から斜めに切るとギザギザになります。

 

真っ直ぐ下に向けて絞ることで星形に絞ることが出来ます。

 

木の葉口金風

袋の先端を縦半分に折り,斜めに切ると,片方が短い山のような形になります。

 

先がとがっている方を上に向けて,少し寝かせつつ絞るときれいに仕上げることが出来るそうです。

 

 

動画の方が分かりやすいので,こちらから袋の切り方や絞った例をご覧ください。

 

覚えておいて損はなし!口金なしでできる生クリームの絞り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました