ウタマロクリーナーでのお風呂掃除方法!お風呂の床・浴槽・ドア・鏡・排水溝

ウタマロクリーナーでのお風呂の掃除方法は、水で予洗いをしてからウタマロクリーナーを吹きかけこすり洗いし、流すだけです。

落ちやすい汚れであれば、こすり洗いせず吹きかけて置くだけでも綺麗になります。

頑固な汚れの場合は、クリーナーを吹きかけてから5分ほどおいてこすり洗いすると落ちやすいです。

今回はウタマロクリーナーを使ったお風呂の箇所別の掃除方法を紹介していきます。

お風呂の床

お風呂の床

お風呂場の床を掃除するのに必要な道具は、ウタマロクリーナーと掃除用ブラシやスポンジなどの掃除用具です。

まず、お風呂の床全体にウタマロクリーナーを吹きかけます。

ウタマロクリーナーはスプレータイプとなっており、ひと吹きで十分な泡がでます。

汚れが気になる箇所には、汚れがしっかり隠れるくらい泡をかけます。

泡を吹き替えた箇所をブラシやスポンジなどでこすり、すすぎ残しがないように十分に水で流せば完了です。

なかなか落ちない汚れには、スプレーを吹きかけて5〜10分程度置いてからこすると良いです。

ウタマロクリーナーは中性洗剤のため、黒カビを落とすことは出来ません。

黒カビを落としたい場合は、「塩素系漂白剤」を使用すると綺麗に落とすことが出来ます。

余談ですが、ウタマロクリーナーの主洗浄成分はアミノ酸系洗浄成分で、手肌に優しく素手でも使うことが出来ます。

ツンとしたにおいもなく、さわやかなグリーンハーブの香りです。

浴槽

浴槽

浴槽の掃除はまずは全体を水でサッと洗い流します。

ウタマロクリーナーを吹きかけて、スポンジでこすっていきます。使い方は、一般的なバスクリーナーと同じです。

全体をスポンジでこすったら、水で十分に洗い流せば完了です。

ちなみに、浴槽のエプロン部分もウタマロクリーナーで綺麗にすることが出来ます。

やり方はエプロン部分を外して、ウタマロクリーナを吹きかけ、スポンジやブラシなどでこすり洗いします。

特にでこぼこした部分はブラシで洗うと綺麗に汚れが落とせます。

全体をこすり洗いしたら、水で十分に流してエプロン部分を戻せば完了です。

ウタマロクリーナーは水垢や石けん汚れをよく落とすため、お風呂掃除には最適です。

ちなみに落ちにくいしつこい汚れには、ウタマロクリーナーを吹きかけて5分ほど置くとより効果的に汚れを落とすことが出来ます。

ドア

ドア

ドアガラスや樹脂パネルの部分はまず水でさっと洗い流し、ウタマロクリーナーを吹きかけます。

スポンジでこすり、十分に洗い流します。

ドアレールの掃除は、ウタマロクリーナーをキッチンペーパーに吹き付け、汚れを拭き取ります。

拭き取りきれない汚れはウタマロクリーナーを直接吹きかけて、歯ブラシなどブラシでこすり汚れを取ります。

歯ブラシでも入りにくい細い溝などには、爪楊枝を使うのもおすすめです。

最後にキッチンペーパーで拭き取り、完了です。

気になる方は水でさっと洗い流しましょう。

注意する点として、ウタマロクリーナーは中性洗剤のため、水垢や黒カビ、石けんカスが頑固になってしまった場合は、落としきることが出来ません。

特に黒カビは、洗浄力が強い塩素系洗剤などの洗剤を使用する必要があり、ドアの素材によっては使用し続けることで変色などを引き起こす可能性があります。

なので、浴室のドアを掃除する場合は、なるべく汚れが軽いうちに中性洗剤を使って掃除することが大切です。

鏡

お風呂の鏡のウロコ取りにも、ウタマロクリーナーは効果を発揮します。

まずウタマロクリーナーを鏡全体に吹きかけ、スポンジでこすり洗いします。

鏡が傷つかないよう、なるべく柔らかいスポンジを使うのがおすすめです。

最後にしっかりと水で洗い流しましょう。洗剤が残ってしまうことも、鏡のウロコの原因となってしまいます。

ただし、水垢がひどくこびりついてしまった場合は、ウタマロクリーナーを使っても1回では汚れが取り切れない場合もあります。

そういったときは何度か掃除をしてみると、だんだんと汚れが取れてきます。

排水溝

排水溝

ウタマロクリーナーでの排水口の掃除は、まずはパーツをすべて外して髪の毛などを取り除きます。

外したパーツにウタマロクリーナーをふきかけ、少し置きます。

ぬめりなどの汚れが気になる場合には、スポンジか歯ブラシでこすります。

あとは水で十分に洗い流して、パーツを元に戻しておくだけです。

排水口には皮脂や石鹸のカス、髪の毛などの汚れが蓄積しやすく、ぬめりも発生しやすいです。

それらの汚れにも、ウタマロクリーナーは効果を発揮してくれます。

ちなみにウタマロクリーナーは中性洗剤のため、お風呂だけでなく家中の掃除に使うことが出来、とても便利です。

紹介したお風呂掃除以外にも、キッチンまわりやトイレ、窓ガラスの砂埃などの汚れ、その他水拭きできる家具・床・壁紙などにも使うことが出来ます。

水拭きできない家具や床・壁紙、天然の石材やうるし塗り等の製品、液晶やプラズマディスプレイの表面、革製品の物には使えないので、注意してください。