wi2freeが繋がらない。勝手に繋がる・ログイン画面が出ない時は?wi2キットと安全性について

wi2freeが繋がらない。勝手に繋がる・ログイン画面が出ない時は?wi2キットと安全性について暮らし

Wi2freeが繋がらないパターンとしては、【デバイス側のWi-FiがONになっていない。】、【Wi-Fi接続に条件がある。】、【接続が込み合っている】の3つがほとんどのようです。

 

勝手にWi-Fiに繋がってしまうのは、デバイス側の設定で【Wi-Fiの自動接続】が【ON】になっているからだと考えられます。

 

ログイン画面が出てこない場合は、【デバイス側のWi-Fiの接続をON・OFFゆっくり繰り返す。】、Wi-FiのSSIDを選択後、【httpから始まるURLのページにアクセスしてみる。】を試してみましょう。

 

wi2キットとは、施設や店舗が利用者やお客様に向けて提供する【フリーWi-Fi】のシステム及び機材になります。

 

フリーWi-Fiは誰でも接続が可能なため便利ですが、パスワード不要なWi-Fiはセキュリティー面が弱いので、安全性を考慮して、パスワードを入力して接続するWi-Fiを使いましょう。

 

wi2freeが繋がらない!

wi2freeが繋がらない!

Wi2freeが繋がらないパターンとしては、【デバイス側のWi-FiがONになっていない。】、【Wi-Fi接続に条件がある。】、【接続が込み合っている】の3つです。

 

デバイス側のWi-FiがONになっていない。

まずはスマホやパソコンがWi-Fiが【ON】になっているかを確認しましょう。

 

これが一番多い原因になり、【ON】になっていても繋がらない場合は、何度か【ON】と【OFF】をゆっくり繰り返し、接続したいWi-Fiが表示されるか確認してみて下さい。

 

Wi-Fi接続に条件がある。

次に多いのがログインが完了していないパターンです。

 

フリーWi-Fi設置店では、

 

  1. ログインに必要なパスワードを入力する。
  2. メールアドレスの登録完了後接続可能。
  3. SNS連携などの条件達成後接続可能。

 

上記のような条件がある事が御座います。

 

【1】のパスワードに関してはスタッフさんにお伺いしたり、店舗の各テーブルのポップに掲示されていればそれで解決ですね。

 

【2】の場合は接続を試みると、別の画面に飛び、そこからメールアドレスを登録すれば使える場合がほとんどです。

 

【3】の場合も接続を試みると、別画面に飛び、指示に従ってSNSと連携させれば使えるようになるみたいです。

 

いずれもわからなければスタッフさんに聞いてみましょう。

 

接続が込み合っている。

最後に考えられる原因としては、【接続が込み合っている】になります。

 

大変込み合っている人気店に設置されているフリーWi-Fiに多いようです。

 

こればっかりは仕方がないとしか言いようがありませんが、【なかなか繋がらない】、【繋がってもすぐ弾かれる】、【繋がっているのに4Gや5G回線より遅い】などといったトラブルが起こります。

 

よほどデータ量を使うような場面でなければ、通常回線をしましょう。

 

お仕事でフリーWi-Fiを使う場合で考えると、混み合うようなお店はあまり仕事環境としても向かないと言えますので、静かであまり混み合う事のないフリーWi-Fiがあるお店を選んだ方が良さそうですね。

 

勝手に繋がるのはなぜ?

勝手に繋がるのはなぜ?

デバイス側の設定で【Wi-Fiの自動接続】が【ON】になっていると、こちらの意志とは関係なく勝手にWi-Fiに繋がってしまいます。

 

一度訪れたことがあり、そこでフリーWi-Fiを使った事がある場合も【一度接続した事があるWi-Fiに自動で接続する】という設定も存在するので、そちらも確認してみて下さい。

 

パスワードを入力せずに使えるWi-Fiだと、【自動接続】がONの場合無条件で繋がってしまいますので、セキュリティ被害に遭わないためにも、Wi-Fiの設定は【自動接続】をOFFにしておくことがオススメです。

 

少し手間にはなるかもしれませんが、Wi-Fiを使いたいときにデバイス側のWi-FiをON。

 

パスワードを入力してもせいぜい数分以内だと思います。

 

これで被害に遭う確率はグッと低くなりますよ。

 

ログイン画面が出ない時は?

ログイン画面が出ない時は?

ログイン画面が出てこない場合は、【デバイス側のWi-Fiの接続をON・OFFゆっくり繰り返す。】、Wi-FiのSSIDを選択後、【httpから始まるURLのページにアクセスしてみる。】の二通りがあります。

 

デバイス側のWi-Fiの接続をON・OFFゆっくり繰り返す。

接続が混み合っていたり、電波状況が不安定だと、Wi-FiのSSIDが表示されない場合があります。

 

その場合はデバイス側のWi-Fi接続をゆっくり【ON・OFF】繰り返してみましょう。

 

ほとんどの場合はそれでかいけつできるはずです。

 

できれば電波状況の良さそうなところで行いましょう。

 

httpから始まるURLのページにアクセスしてみる。

Wi-FiのSSIDを選択後、表示された【http】から始まるURLにアクセスしてみましょう。

 

ログイン画面が行事されない場合は、このURLを経由してログイン画面に進む場合も御座いますのでお試しください。

 

wi2キットとは?

wi2キットとは?

wi2キットとは、施設や店舗が利用者やお客様に向けて提供する【フリーWi-Fi】のシステム及び機材になり、店舗側はwi2キットを今ある回線に接続するだけで、お客様にフリーWi-Fiを提供出来るようになります。

 

サポートもwi2の運営側が365日24時間対応してくれるみたいなので、大変人気でしたが、その人気のあまり、2020年10月12日をもって、新規の契約は終了してしまったみたいです。

 

今ではたくさんの大型施設、店舗に導入されているフリーWi-Fiですが、お仕事での利用、ちょっとした息抜きで外出する際の利用など様々な場面で便利さを発揮しています。

 

僕なんかはカフェや施設の入り口で、フリーWi-Fiがあるかないかをついチェックしてしまう程です。

 

安全性について

安全性について

安全性についてですが、フリーWi-Fiは誰でも接続が可能なため、パスワード不要なWi-Fiはセキュリティー面が弱いので、フリーWi-Fiを使う場合は、パスワードを入力して接続するWi-Fi【安全性の高い】を使いましょう。

 

最近では少なくなってきましたが、有名な施設や店舗を装った【野良Wi-Fi】なるものもまだ少数存在しております。

 

そういったWi-Fiに接続してしまうと、盗聴やのぞき見、アカウントの乗っ取りや位置情報のハッキングなどされてしまう場合がありますので注意が必要です。

 

僕も日頃から注意していますが、Wi-Fiの自動接続を【OFF】にしておいたり、鍵付きWi-Fi【Wi-Fiマークの横に鍵のマークがある】ものを選んで使うようにしております。

タイトルとURLをコピーしました