手作りケーキの持ち運び方法。箱がない時は100円容器で解決!崩れない方法や保冷剤の入れ方、冬の持ち運び時間

手作りケーキの持ち運び方法。箱がない時は100円容器で解決!崩れない方法や保冷剤の入れ方、夏・冬の持ち運び時間暮らし

手作りケーキの持ち運び方法は、「保冷剤入りの箱に入れ、底面が広い袋や保冷バッグ・クーラーボックスで持ち運ぶ」。

 

箱がない時は、「ダイソーやセリアの100円容器」か「逆さまにしたタッパー」で解決できそうです。

 

通販にも売っています。

 

 

崩れない方法は「ケーキフィルムを巻く」・「ケーキを冷やしてから箱に入れる」・「箱に保冷剤を入れる」こと。

 

保冷剤の入れ方は「ケーキ箱内の上にテープで貼り付けて入れる」と良いでしょう。

 

持ち運び時間は「夏:30分〜1時間」、「冬:1時間〜2時間」くらいを目安してくださいね。

 

今回は「手作りケーキの持ち運び方法。箱がない時は100円容器で解決!崩れない方法や保冷剤の入れ方、夏・冬の持ち運び時間」をご紹介致します。

 

手作りケーキの持ち運び方法

手作りケーキの持ち運び方法

手作りケーキの持ち運び方法は、「保冷剤入りの箱に入れ、底面が広い袋や保冷バッグ・クーラーボックスで持ち運ぶ」と良いでしょう。

 

以下の手順を参考にしてください。

 

  1. 「ケーキトレー」か「厚紙」などに、ケーキを乗せる
  2. 箱に入れる(カットケーキはケーキフィルムを巻く)
  3. 隙間があれば、「輪っかにしてホチキスで止めた厚紙」を入れる
  4. ケーキを囲うように「保冷剤」を2つ〜3つ入れて、「テープで止める」
  5. 箱を閉じ、「底面が広い袋」などに入れて持ち運ぶ

 

上記の手順は、「冷蔵保存必須」のケーキが対象です。

 

  • ショートケーキ
  • チョコレートケーキ
  • チーズケーキ
  • デコレーションケーキ

 

 

「常温保存OK」な焼いたケーキは、「手順④の保冷剤はなし」でも大丈夫だと思います。

 

  • カップケーキ
  • パウンドケーキ
  • シフォンケーキ
  • ブラウニー
  • ガトーショコラ
  • 生クリーム不使用のケーキ
  • フルーツ不使用のケーキ

 

ケーキ箱は通販ですぐに買えるようですね。

 

 

では、「箱がない時」や「崩れない方法」・「保冷剤の入れ方」など、さらに詳しく見ていきましょう。

 

箱がない時は100円容器で解決

箱がない時は100円容器で解決

箱がない時は、100円容器で解決できます。

 

「セリアとダイソーにケーキ箱がある」みたいですよ。

 

セリアのケーキ箱

セリアには、「4号・5号・6号」3種類のケーキ箱が売っています。

 

「ケーキトレー(5号・6号)は別売り」です。

 

ケーキ箱を入れる「底面が広い紙袋もある」ので、一緒に買っても良いかもしれませんね。

 

ダイソーのケーキ箱

ダイソーにも同じく、「4号・5号・6号」3種類のケーキ箱が売っていました。

 

別売りのケーキトレー(5号・6号)と、ケーキ箱の入る底面が広い紙袋もあり。

 

「7号以上のケーキ箱」などは売ってい内容です。

 

 

大きめのタッパーを逆さまにして、「ケースを蓋」に「蓋をトレー」のように代用することもできますよ。

 

代用容器は、「大き過ぎる」とケーキが安定しません。

 

「ケーキを入れた時に隙間が少ない容器」を選ぶと良いでしょう。

 

崩れない方法

崩れない方法

崩れない方法は、以下の3つです。

 

  • ケーキフィルムを巻く
  • ケーキを冷やしてから箱に入れる
  • 箱に「保冷剤」を入れる

 

ケーキフィルムを巻く

ケーキフィルムを巻いて、崩れないようにしましょう。

 

ケーキが溶けてもケーキフィルムを付けたまま冷蔵庫で冷やせば、「ケーキの形を保てる」からです。

 

特に、「何層」にもなっているケーキは付けた方が良いですね。

 

100円で買えますよ。

 

「ラップやアルミホイル」でケーキフィルムを代用するのは、おすすめしません。

 

「柔らかい」から、あまり意味がないそうです。

 

ケーキを冷やしてから箱に入れる

ケーキを冷やしてから箱に入れた方が、崩れにくいですよ。

 

冷えた状態にすれば、ケーキの形をキープできるからです。

 

「冷蔵庫」か、箱を入れるまでの時間が長いのであれば「冷凍庫」でも良し。

 

冷凍庫で冷やしたケーキを解凍するときは、「冷蔵庫に入れてじっくり解凍」してください。

 

常温で解凍すると、ケーキが「水っぽく」なってしまいます。

 

箱に「保冷剤」を入れる

箱に保冷剤を入れて温度を保ち、崩れにくくします。

 

ケーキが崩れ始める(溶け始める)温度は、「10°以上」。

 

保冷剤を「2つ以上」入れて、10°以下の温度を保ちましょう。

 

上記でご紹介した「冷やしてから箱に入れる」に、保冷剤をプラスしたら安心ですよね。

 

保冷剤の入れ方は、以下で詳しく説明しますね。

 

保冷剤の入れ方

保冷剤の入れ方

保冷剤の入れ方は「ケーキ箱内の上にテープで貼り付けて入れる」と良いです。

 

「冷気は重い」ので、上に保冷剤を貼れば「上から下へ冷気が移動する流れを作れる」からだそうですよ。

 

ですからケーキ箱内の「側面」に貼って入れるよりも、「上」に貼って入れた方が良い。

 

一番良い方法は、「上に2つ+側面に1つずつ」保冷剤を入れること。

 

ただ保冷剤を入れるだけではなく、「どこに貼るか」が重要らしいのです。

 

最後に、「冬の持ち運び時間」を説明します。

 

冬の持ち運び時間は?

冬の持ち運び時間は?

冬の持ち運び時間は、「1時間〜2時間」くらい。

 

冬でも室内には暖房がついており、ケーキが溶けやすかったりするので保冷剤を入れてくださいね。

 

夏は「30分〜1時間」を目安にしましょう。

 

もう少し持ち運び時間を長くしたい時は、ケーキを冷凍させてから持って行くと良いです。

 

詳しい持ち運び時間はお伝えできませんが、「+30分くらい」は伸びると思います。

 

タイトルとURLをコピーしました