ピアスホールの掃除はフロスで代用できる?100均でピアスの穴掃除できる?31

ピアスホールの掃除は「フロスで代用できる」ようです。

100均商品は「牛乳石鹸」や「天然塩」でピアス穴を掃除できますよ。

ピアスホールはとてもデリケートなので、定期的な洗浄が必要。

家にあるもので代用して掃除できたら楽ですね。

今回は、「ピアスホールの掃除はフロスで代用できる」や「100均でピアスの穴掃除できる?」をご紹介致します。

ピアスホールの掃除はフロスで代用できる?

ピアスホールの掃除はフロスで代用できる?

フロスで代用できます」。

  1. フロスの薄い緑色の部分を同梱されている「液体に浸す
  2. フロスの白色の部分を持ち、「薄い緑色の部分をピアスホール」に入れる
  3. 反対側の耳裏から「ゆっくり引き抜いて」完了

フロスならピアス穴にも通せてしっかり洗浄できる感じがするので、より安心ですよね。

フロスは、薄い緑色と白色のまっすぐした糸のようなもので60本から90本ぐらいが束になって入っています。

少し長くて見た目からして入れるのが痛そうに感じますが、ピアス穴に楽に入りますよ。

また、薄いピンク色の液体もしくはミントの色をした消毒液体がセットで入っています。

フロスで掃除すると耳穴の汚れがかなりごっそりと落とせて良いです。

かなりすっきりするので超気持ちいいと評判!

すぐに掃除できるように「ティッシュなどを常備しておくと良い」です。

100均商品でピアスの穴掃除できる?

100均商品でピアスの穴掃除できる?

100均の「牛乳石鹸」や「天然塩」で掃除できますよ。

低刺激でおすすめ。

ピアス穴専用の掃除用品の情報は見つかりませんでした。

牛乳石鹸

  1. 牛乳石鹸を「よく泡立てる
  2. ピアス穴周辺に泡を乗せ、「約2〜3分待つ
  3. よく洗い流す

入浴中にピアス穴を掃除するのであれば、「シャンプーの後」にしましょう。

天然塩

  1. 天然塩:4分の1とお湯:200cc用意」し、混ぜる
  2. 混ぜた後、「コットンに液をしみこませる
  3. コットンをピアス穴にあて、「約10分間放置
  4. 10分後「お湯で洗い流す

天然塩を使う掃除は「ホットソーク」と呼ばれる方法です。

あくまでも洗浄ができることが条件なので、複雑な方法は必要ありません。

また「血流促進の効果」があるので、「肉芽や膿の予防にも良い」らしい。

調味料コーナーで小袋に入っているので、洗浄する分にはちょうどいい量なんですよ。

ピアスフロスの代用品

ピアスフロスの代用品

デンタルフロス」や「綿棒+石鹸」で代用できそうです。

ですが、「デンタルフロスは衛生面の管理がしっかりできていないと炎症を起こす可能性があるらしい」ので、おすすめはできません。

上記で説明したやり方とそこまで変わりませんが、綿棒+石鹸で代用する方法をご紹介しますね。

  1. 石鹸を「よく泡立てる
  2. ピアスホールに泡をつけて「約2〜3分」放置
  3. よく「洗い流す
  4. 垢が気になる所は綿棒で「優しく落とす

代用とまでは言えないかもしれませんが、ご参考になれば幸いです。

調べていて感じたことは、やはりピアスホール専用の掃除用具「ピアフロスを使うことが一番安全で良い」ということ。

https://amzn.to/487zbkr

体に関わることなので、大事にしていただきたいです。

家にあるもので掃除できる?

家にあるもので掃除できる?

家にあるものだと、「石鹸」や「天然塩」で掃除できますね。

先ほどご紹介した100均で買える商品と同じです。

食品用や加工塩ではなく、「伯方の塩のような天然塩」を使ってください。

石鹸

  1. 洗顔で使うのと同様に石鹸を泡立てる
  2. 1で作った泡をピアス穴の上と後ろにつける
  3. 2~3分ほど放置する
  4. 2~3分放置した後、シャワーで洗い流して完了

薬用石鹸であればなんでもOK」です。

天然塩

  1. 天然塩を4分の1とお湯を200cc用意し、混ぜる
  2. 混ぜた後、コットンに1で作った液をしみこませる
  3. 2のコットンをピアス穴にあて、10分間放置
  4. 10分後お湯で洗い流して完了

まとめ

まとめ

まとめです。

  • ピアスホールの掃除は「フロスで代用でき
  • 100均商品は「牛乳石鹸」や「天然塩」で掃除できる
  • デンタルフロス」や「綿棒+石鹸」で代用できるが、デンタルフロスは衛生管理が必須
  • 家にあるものだと「石鹸」や「天然塩」で掃除できる

石鹸や天然塩なら、すぐに用意できるかもしれませんね。

大切なあなたのお耳さんを、大事に大事にキレイキレイお掃除してあげてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!