飛行機のマイルの貯め方は?マイルが貯まるカードのオススメは?計算方法、使い方、どのくらい貯めれば特典と交換できるのかも

飛行機のマイルの貯め方は「飛行機に乗って貯める」「マイルが貯まるクレジットカードでお買い物をする」「電子マネー決済で貯める」方法があります。

マイルが貯まるカードのオススメは、「ANAカード(一般カード)」「JALカード(普通カード)」「JCBカード」。

マイルの計算方法は「区間基本マイル」と「積算率」がベースになって計算されます。

マイルの使い方は、「特典航空券に交換」「座席アップグレード」「電子マネー等ポイントに交換」など。

特典航空券に必要なマイル数は、ANAだと東京→沖縄(普通運賃)の場合、片道最低7000マイルで交換可能。

本記事では、飛行機のマイルの貯め方は?マイルが貯まるカードのオススメは?計算方法、使い方、どのくらい貯めれば特典と交換できるのかについてご説明します。

飛行機のマイルの貯め方は?

飛行機のマイルの貯め方は?

マイルの貯め方は「飛行機に乗って貯める」「マイルが貯まるクレジットカードでお買い物をする」「電子マネー決済で貯める」方法があります。

ひとつずつ詳しくご紹介します。

飛行機に乗って貯める

マイルを貯める方法は、フライトで貯めていくのが一般的です。

「JALマイレージバンク」や「ANAマイレージクラブ」など、各航空会社のマイレージプログラムがあり、各社のマイレージを利用して貯めていきます。

マイルが貯まるクレジットカードでお買い物をする

「ANAカード」や「JALカード」を使い、日常のお買い物をするだけでマイルが貯まります。

ANAカードマイルプラス加盟店で支払いをすると、クレジットカード会社のポイントに加えて、100円または200円(店舗による)につき1マイルが貯まる仕組みとなっています。

また、JALでも特約店で支払いをするとマイルが2倍になり、通常200円で1マイル貯まるところ、200円で2マイル貯まるよう。

コンビニやドラッグストアなど身近な場所で利用できるので、賢く利用すると良いですね。

電子マネー決済で貯める

ANAマイルが貯まる電子マネー「楽天Edy」。

コンビニやスーパーなど全国の加盟店で利用することができます。

Edyで支払いをすると、200円(税込)につき1マイルが貯まる仕組み。

一方、JALマイルが貯まる電子マネーは「WAON」。

こちらもANAと同様、200円(税込)につき1マイルが貯まる仕組みとなっています。

オススメのマイルカードは?

オススメのマイルカードは?

JALカードを試してみたい方は「JALカード(普通カード)」、ANAカードを試してみたい方におすすめのカードが「ANAカード(一般カード)」。

いずれも年会費が初年度無料なので、コストを抑えながらマイルを貯めることができます。

また、年会費永年無料のカードでおすすめなのが、「JCBカード」。

1000円(税込)のお買い物につき2ポイント付与され、貯まったポイントは「1ポイント=3マイル」でANAやJALマイルに移行できます。

500ポイント以上から移行可能で、移行手数料は無料。

お買い物ついでに貯めることができるのでオススメです。

マイルの計算方法

マイルの計算方法

マイルの計算方法は「区間基本マイル」と「積算率」がベースになって計算され、積算条件はANAとJALどちらもほぼ同じ。

「区間基本マイル」とは、区間ごとに基準となるマイル数のことで、距離が遠くなるに比例してマイル数が大きくなる傾向にあります。

「積算率」とは、実際に加算するマイルの割合のことをいい、運賃や予約クラスによって決まります。

格安ツアーなどの割引率が高いものは積算率が低く、普通運賃などの割引率が低いものは積算率が高く設定されています。

ANAはフライトマイルシミュレーションあるので、気になる方はこちらから計算してみましょう。

マイルの使い方

マイルの使い方

マイルの使い方は「特典航空券に交換」「座席アップグレード」「電子マネー等ポイントに交換」などがあります。

飛行機を利用する以外にもさまざまなサービスがあるので、ここでいくつかご紹介。

特典航空券に交換

マイルで獲得した航空券を「特典航空券」といい、マイルを使って飛行機に乗ることができます。

マイルには期限があり、ANA・JALともに「搭乗日から起算して36カ月後の末日」と決まりがあるので貯める際は注意を。

座席アップグレード

国際線では、座席のアップグレードが可能。

注意点としては、国際線特典航空券と一緒に利用することができないこと。

さらに、アップグレードできる座席に限りがあるため「アップグレードの対象かどうか」を確認しましょう。

電子マネー等ポイントに交換

ANAだと楽天Edyやスターバックスポイント、JALだと電子マネーWAONやファミリーマート、ローソンのポイントと交換することができます。

フライトする予定がなくても、上記のポイントだと100%の還元率で交換できるので無駄なく使えます。

どのくらい貯めれば特典と交換できるの?

どのくらい貯めれば特典と交換できるの?

マイルで獲得した航空券を「特典航空券」といって、この特典に変えるには、例えばANAだと東京→沖縄(普通運賃)の場合、片道最低7000マイルで交換可能。

一方JALは9000マイル必要になります。

フライトの時期によっても必要なマイル数が異なってくるので、おトクに利用するのであればローシーズンを狙いましょう。

ANAJALともに必要マイルチャートあるので確認してみてください。

ここまで、飛行機のマイルの貯め方は?マイルが貯まるカードのオススメは?計算方法、使い方、どのくらい貯めれば特典と交換できるのかについてご説明しました。