サラダチキンの保存方法。常温保存・冷凍保存と保存期間や長期保存するコツ、汁も一緒に保存するべきかなども

サラダチキンの保存方法。常温保存・冷凍保存と保存期間や長期保存するコツ、汁も一緒に保存するべきかなども料理・食材

サラダチキンの保存方法は、「冷蔵保存」の他に「常温保存」と「冷凍保存」があります。

 

サラダチキンを常温で保存する場合は、「保存する季節や室温、時間」に気を付けましょう。

 

 

常温での保存期間は、夏場は3時間、冬場は12時間程。

 

市販のサラダチキンは、パックのまま冷凍保存できます。

 

手作りの場合は、ラップで包んでジップロックに入れてから、冷凍保存します。

 

 

冷凍での保存期間は、3週間~1か月程。

 

手作りのサラダチキンを長期保存するコツは、調味料や加熱時間を多くして「雑菌繁殖を防ぐこと」。

 

また、サラダチキンは汁と一緒に保存することで、表面の乾燥を防ぐことができます。

 

この記事では、サラダチキンの保存方法と注意点、コツ、汁についてご紹介しましょう。

 

汁も一緒に保存する?

汁も一緒に保存する?

サラダチキンは、汁も一緒に保存することができます。

 

一緒に保存することで、サラダチキンの乾燥による「パサつき」を防ぐことができるのです。

 

サラダチキンがやわらかくなり、よりおいしくいただけるとの感想も見られました。

 


保存方法は、冷凍または冷蔵がおすすめ。

 

例えば、ジップロックにサラダチキンと汁を一緒に入れ、冷凍庫もしくは冷凍庫で保存します。

 

ジップロックの空気をしっかり抜き、密閉された状態で保存しましょう。

 

 

また、サラダチキンの汁は、「スープやお粥、ラーメンなどの出汁」として活用することもできます。

 

 

 

サラダチキンだけでなく、汁そのものの旨味を活かすことができるということ。

 

サラダチキンと汁を一緒に保存することで、それぞれの味の良さを引き出せるのです。

 

常温保存はOK?

常温保存はOK?

サラダチキンの常温保存は、基本的にはおすすめできません。

 

もともと冷蔵で売られているサラダチキンを常温に置くことで、「腐敗のリスクが高くなる」からです。

 

それでも常温保存する必要があるという場合は、「保存する季節や室温、時間」に気を付けましょう。

 

サラダチキンは夏と冬とで、常温保存できる室温や時間が異なります。

 

夏の場合は、次のとおり。

 

  • 室温25℃以下
  • 日陰に置く
  • 保存できる時間は3時間
  • 表面や真空パック内に水滴が出たら捨てる
  • 開封直後に匂いがしたら捨てる

 

夏は高温になりやすく、食材の足が早いことから、常温保存にはあまり向かないかもしれません。

 

市販のサラダチキンは、真空パックで密閉されている場合がほとんどです。

 

その真空パックの中に水滴があるということは、雑菌の発生や、表面が腐り始めているということになります。

 

また、通常のサラダチキンの匂いは、ほぼ無臭。

 

匂いがするという時点で、食べるのが危険な状態である可能性が高いです。

 

次に、冬の場合について見てみましょう。

 

  • 室温25℃以下
  • 暖房器具の影響を受けない日陰に置く
  • 表面の変色や黒色の点が見られたら捨てる
  • 保存できるのは12時間程

 

冬は暖房器具を使用する家庭が多く、室温が25℃より高くなることも多いです。

 

25℃以下の室温が保たれる場所であれば問題ないですが、保存時間の目安は半日ほど。

 

冬であっても、室内が高温だとサラダチキンは腐敗してしまうため、気を付けましょう。

 

 

また、市販のサラダチキンを購入するということは、冷蔵されていたものを数時間、常温に晒すということ。

 

サラダチキンは、その数時間の気温差でも、真空パック内の細菌が増えてしまうのです。

 

そのため、サラダチキンを開封する際には、表面をよく観察する必要があります。

 

表面が黄色っぽく変色していたり、黒い点状のものが見られた場合は、雑菌繁殖のサインです。

 

少しでも見た目に違和感を感じたら、食べるのはやめましょう。

 

 

サラダチキンを常温保存する場合、その管理は「自己責任」ということになります。

 

ここで紹介した注意点を守り、食べても安全な状態かどうか、必ず確認しましょう。

 

冷凍保存方法

冷凍保存方法

サラダチキンを冷凍保存方法は、市販と手作りの場合とで異なります。

 

市販の場合、未開封であれば、パックのまま冷凍保存ができます。

 

手作りの場合は、まずは冷まして粗熱をとりましょう。

 

その後、サラダチキンの水分をとり、ラップで包みます。

 

ラップに包んだサラダチキンをジップロックに入れたら、冷凍保存が可能です。

 

サラダチキンを冷凍保存することで、大体3週間~1か月程度、日持ちさせることができます。

 

 

次に、冷凍したサラダチキンの解凍方法をご紹介しましょう。

 

サラダチキンを解凍する際は、次の2つの方法がおすすめ。

 

  • 冷蔵庫解凍
  • 流水解凍

 

「冷蔵庫解凍」の場合は、冷凍されたサラダチキンを半日ほど冷蔵庫に戻す必要があります。

 

そのため、サラダチキンを食べる前日の夜など、余裕をもって冷蔵庫に戻しておくとスムーズです。

 

「流水解凍」では、ボウル等に溜めた水に、サラダチキンを浸しておきます。

 

15~30分程浸けておくと、食べられるようになりますよ。

 

保存期間について

保存期間について

サラダチキンの保存期間は、市販か手作りかによって異なります。

 

まずは市販のサラダチキンの場合。

 

常温での保存期間は、前述のとおり、夏場は3時間、冬場は12時間程でしたね。

 

冷凍での保存期間についても、3週間~1か月程とお話ししました。

 

では、冷蔵保存の場合はどうでしょう。

 

冷蔵での保存期間は、開封していない状態であれば、パックに記載されたとおりの期間となります。

 

次に、手作りのサラダチキンの場合。

 

常温での保存期間は、3~6時間程が目安です。

 

手作りのものは直に空気に触れるため、雑菌繁殖のリスクは市販のものよりも高いと考えられます。

 

そのため、常温に長時間置いていた場合は、食べないことをおすすめします。

 

冷凍の保存期間は、前述の市販のものと同じく、3週間~1か月程。

 

そして、冷蔵の保存期間は、3~4日程が目安とされています。

 

これは、開封済みの市販のサラダチキンも同様です。

 

冷蔵保存も、冷凍と同じで、サラダチキンを1つずつラップに包んで、ジップロックに入れます。

 

長期保存するコツ

長期保存するコツ

手作りのサラダチキンを長期保存するコツは、「雑菌繁殖を防ぐこと」です。

 

ポイントは、次の2点。

 

  • 塩や醤油などの調味料を多めにする
  • 低温加熱で肉の中まで十分に火を通す

 

引用元:手作りサラダチキンの日持ちは何日?冷凍できる?作り方とおすすめの味付けなども紹介! | mosinaru

 

調味料を多くすること、加熱時間を長く確保することで、雑菌繁殖を防ぐことにつながるのです。

 

 

手作りのサラダチキンは、冷蔵で3~5日、冷凍で3週間~1か月程、日持ちします。

 

この期間は、未開封で賞味期限が3週間~1か月持つ市販のものと比べると、短く感じられますね。

 

また、前述のように、真空パックではない手作りのものは、細菌繁殖のリスクも高くなります。

 

雑菌が繁殖してしまったら、保存期間内であっても廃棄しなければなりません。

 

そのため、手作りのサラダチキンをより長く日持ちさせるには、「細菌繫殖を防ぐこと」が鍵となるのです。

 

 

そのままでも、料理に添えてもおいしいサラダチキン。

 

注意点を守り、安全な状態で保存して、1日でも長く楽しみたいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました