サウナハットの使い方。濡らす?濡らさない?意味やかぶる理由、水風呂苦手な方にもいいらしい

サウナハットの使い方。濡らす?濡らさない?意味やかぶる理由、水風呂苦手な方にもいいらしい暮らし

サウナハットの使い方は、サウナに入るときに頭にかぶるだけです。

 

 

濡らす?濡らさない?は「濡らさない」が正解。

 

濡らすと熱伝導率が高まり、かえって頭部をあたためすぎてしまうため危険です。

 

サウナハットには「髪の乾燥や傷みを防ぐ」「のぼせを防ぐ」「頭皮や耳を熱から守る」意味があります。

 

サウナハットをかぶる理由は、タオルよりも断熱性や速乾性が高く、熱を放出しやすい設計だから。

 

タオルを頭に巻く方が手軽ですが、サウナハットを使う方がサウナを効果的に楽しむことができます。

 

水風呂苦手な方にもいいらしいのは「本当」です。

 

サウナハットをかぶることで長くサウナにいることができるため、体がしっかりと温まり水風呂がつらくなくなります。

 

今回は「サウナハットの使い方。濡らす?濡らさない?意味やかぶる理由、水風呂苦手な方にもいいらしい」などの情報を詳しく解説していきます!

 

サウナハットの使い方

サウナハットの使い方

サウナハットの使い方は、サウナに入るときに頭にかぶるだけ。

 

濡らしてかぶる人もいますが、乾いたままかぶるのが正しい使い方です。

 

それでは、より詳しい使い方を見ていきましょう。

 

 

使い方

使い方はサウナに入る前にかぶるだけ。

 

ですが、そのときに注意してほしいことが2つあります。

 

1つ目は、そもそもサウナハットの持ち込みがOKかどうか。

 

入浴施設によってはサウナハットの持ち込みが禁止されていることがあります。

 

サウナハットの素材はウール(フェルト)でできているものが多く、繊維が浴室内に落ちると排水溝などが詰まる原因になるからです。

 

入浴前に、あらかじめサウナハットが持ち込めるかどうかを確認しておきましょう。

 

持ち込み不可の場合は、タオルを頭に巻くことで代用することができますよ。

 

 

2つ目は、髪の毛がサウナハットからなるべく出ないようにかぶること。

 

サウナハットには、髪の毛を熱から守る役割があります。

 

せっかくサウナハットをかぶっていても、髪の毛が出ていると保護効果がありません。

 

傷みやパサつきの原因にならないように、髪の毛はまとめてサウナハットの中に入れましょう。

 

 

つづいて、サウナハットをかぶるときに濡らすかどうかについて。

 

濡らす?濡らさない?

濡らす?濡らさない?については「濡らさない」が正解です。

 

濡らすとサウナハットの中が「蒸し風呂状態」になり、熱がこもりやすくなります。

 

サウナハットは頭部を熱から守るためにかぶるもの。

 

濡らすと逆効果になるというわけです。

 

一般的に、布類は濡らすと熱伝導率が高まることが知られていますよね。

 

濡れたふきんで鍋をつかむと熱さが伝わりやすく、危険であるのと同じ原理です。

 

頭部に熱がこもることで、のぼせる原因にもなります。

 

意識がもうろうとしたり、髪の毛が傷みやすくなったりする場合があるため気をつけましょう。

 

どうしても濡らして使いたい場合は、乾きやすいウール素材のサウナハットがおすすめです。

 

サウナハットの意味

サウナハットの意味

サウナハットをかぶる意味は「髪の乾燥や傷みを防ぐ」「のぼせを防ぐ」「頭皮や耳を熱から守る」です。

 

ひとつずつ、詳しく見ていきましょう。

 

髪の乾燥や傷みを防ぐ

乾いたサウナハットをかぶることで、髪を熱から守ることができます。

 

水分を含んだ髪の毛は熱に弱く、ダメージを受けやすくなるからです。

 

濡れた髪に直接サウナの熱が加わると、髪の毛が傷む原因になります。

 

髪の毛を守るためにも、サウナでは乾いたサウナハットをかぶるようにしましょう。

 

ちなみに、サウナハットをかぶるかぶらないに関係なく、髪の毛の水気はしっかりと拭いた方が、髪へのダメージが少なくすみます。

 

髪が乾燥するからといって、髪の毛やサウナハットをびちゃびちゃに濡らすのは逆効果。

 

うるおいを与えるつもりが、逆に熱を吸収して傷みやすくなるため注意してくださいね。

 

のぼせを防ぐ

サウナハットには、のぼせを防ぐ効果もあります。

 

一般的にサウナでは、足元よりも頭の方が温度が高いです。

 

これは、空気があたためられると上へのぼっていく性質によるもの。

 

頭部があたたまり過ぎると、意識がぼうっとしたりのぼせたりする原因になります。

 

サウナハットをかぶって頭部の熱を遮断することで、のぼせを防ぎながら、長くサウナを楽しむことができます。

 

頭皮や耳を熱から守る

サウナに入っていると、頭皮や耳まで熱波で痛くなることがあります。

 

頭皮や耳は皮膚が薄くデリケートなため、熱を感じやすい部分です。

 

そんなときにサウナハットをかぶると、頭皮や耳の痛みをやわらげてくれるのです。

 

目が痛くなるという人は、目まで隠れる深めのサウナハットがおすすめですよ。

 

 

では、なぜわざわざサウナハットを用いるのでしょうか。

 

タオルでも代用できそうな気がしますよね。

 

つづいて、サウナハットをかぶる理由についてくわしく解説します。

 

かぶる理由

かぶる理由

サウナハットをかぶる理由はこちら。

 

  • 頭との間にすきまができることで熱気がこもらない
  • ウール(フェルト)素材で、タオルよりも断熱性が高い
  • 速乾性や吸水性に優れている

 

タオルだとどうしても頭と密着してしまうため、すきまができず熱気がこもりやすいというデメリットがあります。

 

また、タオルは綿でできているものが多く、断熱性はサウナハットほどありません。

 

濡れた髪に巻くとタオルも濡れてしまうので、なおさら熱を通しやすくなります。

 

濡れると乾きにくいタオルを何枚も持って行くよりは、速乾性・吸水性に優れているサウナハットがあると便利ですよね。

 

タオルを巻くのは手軽な方法ですが、このように、わざわざサウナハットをかぶる理由があるのです。

 

水風呂苦手な方にもいいらしい

水風呂苦手な方にもいいらしい

「水風呂が苦手な方にもいいらしい」という情報は、本当です。

 

サウナハットをかぶることで、長くサウナ内にいることができるため、しっかりと体が温まり水風呂に入るのがつらくなくなります。

 

水風呂が苦手な理由の1つは、サウナで体が十分に温まっていないこと。

 

サウナでは上にいくほど温度が高くなるため、どうしても体よりも先に頭が熱くなります。

 

頭が熱されるとすぐにのぼせてしまい、長くサウナに入ることができなくなります。

 

その結果、十分に体はあたたまっておらず、水風呂に入るのがつらいと感じてしまうのです。

 

体があたたまっていない時の水風呂はかなり辛いものですよね。

 

サウナハットをかぶってしっかりと体をあたためることをおすすめします。

 

作り方はこちら

作り方はこちら

作り方はこちら。

 

羊毛フェルトをちぎってつなぎ合わせるだけで簡単です!

 

材料

 

  • フェルト羊毛 100~200g
  • 梱包用のプチプチ(型紙用)
  • 固形石けん(中性洗剤でもOK)
  • 50℃のお湯

 

作り方

 

  1. 梱包用のプチプチに自分の帽子などをあててマジックで半円の型をとる(自分の頭よりも2回りほど大きいサイズでOK)
  2. 型を切り取る
  3. ボウルに50℃のお湯を入れ、石けんを溶かして石けん湯を作る
  4. フェルト羊毛を細かくちぎり、はみ出すように型に乗せる
  5. 上から石けん湯をかけ、押しつけたりこすったりしてフェルト状にしていく
  6. 型を裏返して、はみ出た部分は折り込みながら裏面もおなじように4、5を繰り返す
  7. ちぎってのせる→濡らしてこすってフェルト化→裏返すを両面2回ずつ行う
  8. 形が整ったら、半円の下の部分をはさみでまっすぐになるようにカットする
  9. 間に挟まっているプチプチの型を取り出す
  10. カットした部分をこすってくっつけ、端の処理をする
  11. 気になる部分にさらにフェルトを付け足す
  12. ハットを裏返す
  13. 裏返した方にもフェルトを付け足す
  14. 仕上げにつなぎ目をしっかりとこすってくっつける
  15. すすいで絞り、熱湯をかける
  16. やけどに気をつけながら再び絞り、一晩干して乾かしたら完成

 

かなり工程が多いように感じますが、動画で見ると分かりやすいです。

 

YouTube【手作りサウナハット】羊毛フェルトでサウナハット自作みたら意外といい感じだった【サウナー】

 

サウナハットが意外と簡単に手作りできるのは驚きましたね!

 

気に入ったサウナハットが見つからない場合は、DIYしてみるのもいいかもしれません。

 

お気に入りのサウナハットで、効果的にサウナを楽しんでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました