ユニクロのセルフレジの使い方と支払い方法をご紹介。対応店舗は?間違いを発見した時はどうする?セルフレジがなくなるって本当?

ユニクロのセルフレジは商品を置くだけで自動的に計算が終わり、タッチパネルの指示に従って支払いをするシステムです。

支払い方法は現金・電子マネー・QRコード決済・クレジットカード・デビットカード・UNIQLO Pay・ユニクロギフトカード/UNIQLO eGift Cardです。

対応店舗は正確にはわかりませんが、これから増え続けると思われます。

間違いを発見した時はその場で店員さんに伝えるか、後日わかった場合はすぐにお店に連絡して過不足について対応してもらってください。

セルフレジがなくなるといった噂がありますが、これについては可能性は低いようです。

今回の記事ではユニクロのセルフレジの使い方について詳しくご説明いたします。

ユニクロのセルフレジの使い方

ユニクロのセルフレジの使い方

ユニクロのセルフレジの使い方は以下のような流れです。

  1. セルフレジ横の「全ての商品・カゴをおいてください」と書かれているスペースに商品を置く
  2. タッチパネルの「お会計をはじめる」をタッチする
  3. アプリ会員かどうかの確認をする
  4. 会員の場合スマホにて会員IDをスキャン、または会員IDを手入力する
  5. 商品の会計が行われるので「次へ」をタッチする
  6. 「商品数の確認をしてください」と表示されたら点数を確認し、問題なければ「確認した」をタッチする
  7. アプリ会員のクーポンがあれば「選択」をタッチして利用し、「次へ」をタッチする
  8. 支払い方法を選択する
  9. 会計をし、レシートを取る

商品数が合わなかった場合

6.の商品数の確認の際、商品の点数が合わなければかごの中の商品を少し動かしてください。

それから「再度商品を読み取る」のボタンをタッチしてみてくださいね。

基本的には商品を置いたら金額の計算がすぐに終わるので会計までがとてもスムーズに済むと思います。

支払い方法はこちら

支払い方法はこちら

支払い方法は

  • 現金
  • 電子マネー
  • QRコード決済
  • クレジットカード(アメリカン・エキスプレスは日本発行カードのみ)
  • デビットカード
  • UNIQLO Pay
  • ユニクロギフトカード/UNIQLO eGift Card

からお選びいただけます。

ご利用いただける電子マネー・QRコード決済はこちらからご確認ください。

通常の有人レジではJCBギフトカード・QUOカードPayがお使いいただけますが、セルフレジでは使うことができないのでご注意くださいね。

対応店舗はどこ?

対応店舗はどこ?

セルフレジ対応店舗を調べてみましたが、どの店舗に導入されているかはわかりませんでした。

どうしてもセルフレジを使いたいという方は事前にお店に確認をするといいでしょう。

個人的には…

個人的な感覚になりますが、セルフレジが導入されている店舗は着々と増えてきているのではないかと思います。

ユニクロ数店舗を見てきたところ、わたしが行ってきたお店にはどの店舗にもセルフレジがありました。

もちろん有人レジもあるのですが、近所のユニクロではセルフレジが主体になっていて有人レジはかなり小さくなっている印象を受けました。

まだ有人レジのみの店舗もあるのかもしれませんが、いつかどの店舗にもセルフレジが配置されるようになるのかもしれませんね。

間違いを発見した時はどうする?

間違いを発見した時はどうする?

間違いを発見した場合はお近くの店員さんにすぐに伝えてください

店員さんの指示を仰いで、不足していた際には速やかにお支払いを済ませてくださいね。

また、帰宅後にわかった場合には電話等でお店に連絡してください

こちらも同じようにお店からの指示に沿って不足分はお支払いをしてください。

支払い金額が不足している場合、そのままにしておくと罪に問われる場合もありますので必ず守ってくださいね。

もちろん、支払い金額が多かった場合にも店員さんに対応していただいてください。

ユニクロのセルフレジについて

ユニクロのセルフレジは商品についているRFIDタグというタグの情報を電波で読み取って一瞬で合計金額を出すことができるシステムになっています。

正確性が高いものの、タグが取れていたり、逆に多く付いていたりして実際の商品の点数と異なってしまうことも少なくないようです。

間違いを防ぐためにも会計の際のタッチパネルやレシートをしっかりチェックしてくださいね。

セルフレジがなくなるって本当?

セルフレジがなくなるって本当?

結論から言うとユニクロからセルフレジがなくなる可能性は低いです。

ユニクロ・GU等のブランドを展開する株式会社ファストリテイリングが、セルフレジを巡って特許権侵害で訴えられていたのがその噂の根源であると考えられます。

原告である株式会社アスタリスク・および株式会社NIPとは2021年12月24日に和解が成立しています。

既に和解が成立しているという点から見ても、今後セルフレジが使えなくなるとは考えにくいのではないでしょうか。

また2021年に和解してから今日までユニクロからセルフレジがなくなったというニュースは見ませんし、実際に店舗に存在しているのでセルフレジがなくなる可能性は低いと思われます。

会計が一瞬で終わるとても便利なセルフレジなので、今後も使い続けたいですよね。